令和元年度 教育改革国際シンポジウム
幼児教育・保育の国際比較

-OECD国際幼児教育・保育従事者調査2018の結果から-

開催趣旨

※定員に達しましたので、参加受付を終了させていただきました。
  たくさんの参加ご登録、ありがとうございました。

OECD(経済協力開発機構)は、2019年10月、幼児教育・保育施設の保育者を対象とした初めての国際調査である国際幼児教育・保育従事者調査の結果を公表しました。この調査は、 日本を含めた9か国を対象とし、保育者の実践の内容や勤務環境、研修の状況などについてデータを収集しています。本シンポジウムでは、この調査の結果を基に、幼児教育・保育の国際比較から何が見えてくるのか、 日本、ノルウェー、韓国の事例を中心に考えます。

概  要

日時: 令和2年2月20日(木)午後1:00~午後 5:00 (受付開始 午後 0:30~)
場所: 文部科学省(中央合同庁舎第7号館)東館3階講堂
主催: 国立教育政策研究所
定員: 400人
言語: 日本語・英語 (同時通訳付)
参加無料

プログラム

時間内容
午後1:00~1:10 開会挨拶 中川健朗(国立教育政策研究所所長)
午後1:10~1:45 【第1部 基調講演】
Yuri Obara BELFALI (OECD教育・スキル局 幼児期・学校課長)
「世界の幼児教育・保育政策の潮流と本調査の視点」
午後1:45~2:30 秋田喜代美(東京大学大学院教育学研究科長・教育学部長 教授)
 「国際比較から考える日本の幼児教育・保育の現状と課題」
午後2:30~2:40 (10分休憩)
午後2:40~3:55 【第2部 パネルディスカッション】話題提供:各25分
「本調査から見える 各国の幼児教育・保育の今とこれから」
  ノルウェー:Tove SLINDE(ノルウェー 教育研究省 学校・幼稚園部門上級顧問)
  韓国:Mugyeong MOON(韓国 乳幼児保育・教育機関 国際研究部長)
  日本:杉浦健太郎(国立教育政策研究所 幼児教育研究センター 総括研究官)
午後3:55~4:05 (10分休憩)
午後4:05~4:55 ディスカッション
 司 会:渡邊恵子(国立教育政策研究所 幼児教育研究センター長)
 登壇者:BELFALI、秋田、SLINDE、MOON、杉浦 各氏
午後4:55~5:00 閉会挨拶 佐藤安紀(国立教育政策研究所次長)

お申込み

インターネットの場合: 〔URL〕https://iser2019.mediatelier.org/sympo_r01_oecd/application_ja.html
FAXの場合: チラシ裏面の参加申込用紙にて03-5469-5592まで
参加申込み受付: 令和2年1月10日(金)~2月10日(月)まで
※定員になり次第、締切らせていただきます。
お申込みに関するお問合せ:  TEL 03-5469-5591
「令和元年度
 国立教育政策研究所 教育改革国際シンポジウム」事務局
 担当:関口、板野
 E-mail: iser2019@mediatelier.org
 (受付時間 10:00~18:00 土日、祝日除く)

チラシのダウンロード