「評価規準および評価方法等の改善と開発に関する研究」
「評価規準および評価方法等の改善と開発に関する研究」


「評価規準および評価方法等の改善と開発に関する研究」の一環として、 平成14年4月より、小・中学校における評定が目標に準拠した評価 (いわゆる絶対評価) で行うことになりました。 これに伴い、各学校ではどのような通信簿を用いているのか、 基礎研究部が中心になり調査研究し、 「通信簿に関する調査研究」 を作成しました。