「社研通信」コーナー

○ ● ○ ●  社 研 通 信  2 月 号  ● ○ ● ○

<目次>

●トピック
 令和5年度公民館職員専門講座を終えて
●雑誌「社会教育」で情報発信中!(2月号)
●文部科学省総合教育政策局編集「マナビィ・メールマガジン」で情報発信中!
●編集後記

……………………………………………………………………………………………………

●トピック 

<令和5年度公民館職員専門講座を終えて>
 令和5年度公民館職員専門講座は、全国の公民館・公民館類似施設の館長及び職員、都道府県、指定都市及び市町村教育委員会の公民館運営に関わる社会教育主事、首長部局の生涯学習関連施設の職員等を対象に11月16日(木)から21日(火)の4日間(土日除く)で開催しました。
 今年度は、「地域社会のウェルビーイングの向上に資する公民館―地域のコミュニティ拠点機能の強化を目指して」をテーマに、前半2日間はオンライン形式(ライブ配信)で、後半2日間は集合形式で実施したところ、各地から36名の参加がありました。
 プログラムに「ウェルビーイングの視点」を取り入れ、基調講演、行政説明、講義、シンポジウム、講義・事例研究、演習、特別講演等で構成しました。本講習が、受講者の皆さんにとって、今日の公民館に求められる役割や社会教育施設職員として心がけるべきことを改めて考える機会となったなら幸いです。
(担当 細川)

……………………………………………………………………………………………………

●雑誌「社会教育」で情報発信中!

 “社研EYE”

 雑誌「社会教育」(発行 一般財団法人日本青年館)の“社研EYE”のコーナーで、社研スタッフのコラムや調査研究報告書、社研の窓の紹介、講座・セミナーの情報等を掲載しています。

【2月号の主な内容(2月1日発売)】

 今月の“社研EYE”では、「令和5年度全国社会教育主事の会」と「令和5年度地域教育力を高めるボランティアセミナー」について掲載しています。

……………………………………………………………………………………………………

●文部科学省総合教育政策局編集「マナビィ・メールマガジン」で情報発信中!

「マナビィ・メールマガジン」の「社研通信」コーナーでも、「社研通信」の新着情報が紹介されています。その他、トピックス等の掲載情報をお知らせしています。

「マナビィ・メールマガジン」は、文部科学省のイベントやお知らせ、生涯学習・社会教育に関する取組の紹介等が掲載されております。(毎月8日、24日配信)

「マナビィ・メールマガジン」のご登録を、よろしくお願いします。
→ ご登録は こちら

……………………………………………………………………………………………………

●編集後記

 1月の上旬に、さいたま市の「鉄道博物館」に行きました。屋内外に展示されている42の車両をゆっくり見学することはできませんでしたが、日本最大級の鉄道ジオラマや私が関心あるものは見学することができ、とても充実した1日を過ごすことができました。館内には、子供たちも多く、お父さん、お母さんの手を引っ張り、目を輝かせながらいろいろな鉄道車両を見て歩く姿や、車掌体験や鉄道運転体験で白い手袋をはめ、本物の車掌さんや運転士さんのように体験を楽しんでいる姿は、とても微笑ましかったです。ふと、好きなものがあるっていいなと思ったり、ここで見たものや体験したことが、これからどんな学びや将来の職業の選択につながっていくのだろうと思ったりしました。
 現在、社研では2月16日(金)まで、社会教育主事講習を開講中です。多くの受講者の皆さんが、社会教育主事任用資格(社会教育士の称号)取得に向けて学んでいらっしゃいます。受講者の皆さんの学びが良きものになるよう、職員一同、講習終了までお手伝いさせていただきたいと思っています。

(社研職員:籐白)

……………………………………………………………………………………………………