トップページに戻る

「社研通信」コーナー

○ ● ○ ●  社 研 通 信 1 月 号  ● ○ ● ○

<目次>

  • トピック
  • 「BuRaLi(ぶら〜り)e(いー)上野」の御紹介

  • 雑誌「社会教育」で情報発信中!( 1月号)
  • 文部科学省総合教育政策局編集「マナビィ・メールマガジン」で情報発信中!
  • 編集後記

……………………………………………………………………………………………………

トピック

    「BuRaLi(ぶら〜り)e(いー)上野」の御紹介

     「BuRaLi e 上野」とは,上野公園地区の意外と知られていないスポットを,歴史的,文化的,自然科学的観点でボランティアガイドと巡る事業で,平成26年度から台東区等が実施する「上野の山文化ゾーンフェスティバル」の一環として毎年11月に実施しているものです。当日は,月に1回程度,上野公園地区にまつわる勉強会を実施している,「上野の山勉強会」という学習グループのメンバーが,そこで学んだ成果を生かして「BuRaLi e 上野」の参加者に説明をするなど,ボランティアガイドとして案内しています。
     社研は社会教育の知見を生かして,その学習グループの各種支援をしています。
     今年度のテーマは,「知っているようで知らない上野公園の表舞台」と設定して,国の重要文化財や世界遺産に指定されている「東京国立博物館」「国立科学博物館」「国立西洋美術館」の建築物に焦点を当て,令和元年11月15日に実施したところ,19名の参加がありました。
     参加者からは,これまで何げなく通り過ぎていた場所の歴史やエピソードを知り,多くの発見があったという声を聞くことができました。

    (担当 岡田)

……………………………………………………………………………………………………

雑誌「社会教育」で情報発信中!

"社研EYE"

雑誌「社会教育」(発行 一般財団法人日本青年館)の"社研EYE"のコーナーで,社研スタッフのコラムや調査研究報告書,「社研の窓」の紹介,講座・セミナーの情報等を掲載しています。

【1月号の主な内容(1月1日発売)】

今月の“社研EYE”では,令和元年度社会教育主事専門講座,11月8日(金)に実施した「全国社会教育主事の会」研究交流会及びボランティアガイドと上野公園地区をめぐるイベント「BuRaLi(ぶら〜り)e(いー)上野」について掲載しています。

……………………………………………………………………………………………………

文部科学省総合教育政策局編集「マナビィ・メールマガジン」で情報発信中!

「マナビィ・メールマガジン」の「社研通信」コーナーでも,「社研通信」の新着情報が紹介されています。その他,トピックス等の掲載情報をお知らせしています。

「マナビィ・メールマガジン」は,文部科学省のイベントやお知らせ,生涯学習・社会教育に関する取り組みの紹介等が掲載されております。(毎月8日,24日配信)

マナビィ・メールマガジンの御登録を,よろしくお願いします。
→ 御登録は こちら

……………………………………………………………………………………………………

編集後記

明けましておめでとうございます。本年も社研をよろしくお願いいたします。
 さて,唐突ですが先日,タブレット端末を購入しました。主に,教材作成等に利用しています。タブレット端末はパソコンとは異なり起動が速いので,ちょっとした作業をしたいと思うと同時に作業に取りかかることができるので,起動時特有のストレスもほとんどありません。
 また,私は端末に専用タッチペンとノートアプリを導入して,様々な作業を一元で管理できているので整理の手間を省略できるのではと期待しています。さらに最近はOCR機能が大変優秀で,悪筆の私の字もきちんと認識して活字としてくれるので,メモを手軽に共有することができ,とても重宝しています。
 昨今「働き方改革」が喫緊の課題の一つとして挙げられていますが,これら情報端末を有効に使って,仕事本来の「楽しみ」を感じる手立てを講じていきたいと思っています。
 さて,1月後半からは社会教育主事講習[B]が始まります。受講者はもとより社研職員も体調管理には一層気を付け長期間の研修に臨みたいと思います。

(専門調査員 岡田)

……………………………………………………………………………………………………