社会教育実践研究センター

センターの案内図 PDF

〒110-0007
東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-0241
FAX 03-3823-3008

令和3年度博物館学芸員専門講座

実施要項
趣旨
学芸員として必要な高度かつ専門的な知識・技術に関する研修を行い、都道府県・指定都市等での指導的立場になりうる学芸員としての力量を高める。
令和3年度テーマ
「地域における新時代の博物館〜誰一人として取り残さない社会の実現に向けて〜」
主催
文化庁
国立教育政策研究所 (社会教育実践研究センター)
協力
公益財団法人日本博物館協会
期間
令和3年12月2日(木)〜12月6日(月) --- 3日間
対象
学芸員の資格を有している者で、都道府県・指定都市教育委員会教育長、都道府県知事・指定都市長及び関係独立行政法人の長等が推薦する次の者
  1. 登録博物館、博物館相当施設又は博物館類似施設に勤務する学芸員若しくは同等の職務を行う職員で、勤務経験がおおむね7年以上で指導的立場にある者
  2. 上記(1)と同等の職務を行うと主催者が認めた者
定員
50人
受講方法等
(1)研修の実施及び受講方法
次を主会場とし、Web会議システムアプリケーション「Zoom」を使用してオンライン(同時双方向型。以下同様。)による講義を行う。  
受講者はすべて、オンラインにより本講座を受講する。
(主会場) 国立教育政策研究所社会教育実践研究センター
〒 110-0007 東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-8420・8681
FAX 03-3823-3008

※詳しくは実施要項PDFファイルをご覧ください

受講者の声

「誰一人として取り残さない社会」の実現に向けて、博物館員たる自分は一体何ができるのか。講座を受ける前にはそのようなことを考えたこともありませんでしたが、この3日間の研修を終えた今、社会教育施設である博物館が地域のためにどのようなことに取り組めるのだろうかと真剣に考えています。誰でも不便なく利用できる博物館、どんなバックボーンを持つ人でも楽しめる展示とは何か、様々な角度から考え、ディスカッションした3日間でした。博物館の教育普及活動を軸に地域の課題解決に取り組むことができたらどんなに素晴らしいことでしょうか。学んだ内容を館員とも共有し、誰でも学び、楽しめる博物館づくりに取り組んでいきたいです。

北上市立博物館
川村 明子

今回、全国各地の経験豊かな講師陣による講義を受け、普段意識していなかった博物館の社会的役割について多くの気づきがありました。今や博物館・美術館は愛好者のためだけの存在ではなく、一見縁遠いと思われる人々にも価値を提供できる場になるべきであり、その実現には他機関との連携が重要であることが理解できました。すでに取り組まれている様々な事例の紹介は大変興味深く、特に医療・福祉分野との協働は将来性を感じるものでした。今後も館はより様々な機能を求められる事が予想されますが、学芸員の役割についても歩調を合わせ、意識を変えていく必要性を認識しました。固定観念に縛られることなく、色々な可能性があると把握して携わりたいと思います。

公益財団法人富山県文化振興財団 富山県民会館美術館
町田 尚美

三日間の濃密な講義と事例発表、そしてワークショップへの参加は大変刺激的で、今後の自身においても、また当館の博物館活動においても大変有意義な研修になりました。今回の研修を通じて「誰一人として取り残さない社会」の実現を真正面から受け止めてしまえばその実践は不可能と考え、まずは当館として一番縁遠い存在と考えた視覚障害者に絞った視点で継続的に取組を進めることで、多様な主体への対応力を培い、包摂できる裾野を広げていくことが肝要と整理できました。また、このテーマに対する広瀬先生の「この問い自体が二項対立、強者と弱者という意識が潜在しているのではないか」との問いかけは強く印象に残りました。この問いは常に心にとどめて博物館活動を行う必要があると受け止めています。今回の研修で得られたことは多く、まだ十分に咀嚼できていないことも多いですが、まずは所属館の職員相互での情報共有と意見交換を行い、同じ旗印のもと当館が昨年から取り組みを開始したユニバーサルミュージアム推進事業を継続的に取り組むべく環境を整え、地域へ還元するための方法をトライ&エラーの精神で形作っていきたいと思います。

下関市立考古博物館
小林 善也

博物館におけるユニバーサル、インクルーシブの重要性が高まる中で、取組を継続させるためのキーワードを多く得ることができました。特に、「誰一人」ではなく「誰もが」という視点で事業を考える視点に感動しました。個別の障害者対応や、問題を抱える方々への対応を積み重ねることがユニバーサルではないこと、多様な人も含む社会全体の意識、マジョリティの意識も変えていくことが継続性につながると感じました。また、不登校、認知症など地域社会の課題に対して、博物館が向き合い、関係する専門機関や専門家、地域の方々へ積極的に働きかけをして、連携することで、その課題解決の一助として社会的役割を果たしているという事例も新鮮でした。また、そうすることで博物館が持つ役割や、博物館の潜在能力が博物館関係者だけでなく、地域や社会に認知していく取組を継続することが、多くの困難を抱える博物館経営にとっても一つの道筋を与えることだと思いました。長期的視野に立って、自館でも博物館が「処方箋」となり、不可欠の「学習」になり、また多様な人が集える「広場」になれたらよいなと思います。

仙台市博物館
菅原 美咲

受講後アンケートの集計結果

本講座の受講後レポートでは、講座を受講して「新たに取り組みたいまたは改善したい業務」についてアンケートを実施しました。その結果、下図のような回答が得られました。

ダウンロード
 実施要項等
 講義の概要