社会教育実践研究センター

センターの案内図 PDF

〒110-0007
東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-0241
FAX 03-3823-3008

令和元年度社会教育主事専門講座 

講義の詳しい内容は各タイトルのリンクをクリックすると見ることができます。

実施要項
趣旨
社会教育主事として必要な高度かつ専門的な知識・技術に関する研修を行い,都道府県・指定都市の指導的立場にある社会教育主事としての力量を高める。
令和元年度テーマ
「社会教育主事の専門性を高める現代的課題を扱った現職研修の企画・立案に向けて」
主催
文部科学省
国立教育政策研究所 (社会教育実践研究センター)
期間
令和元年11月5日(火)〜11月8日(金) --- 4日間
対象
社会教育主事の資格を有している者で,都道府県及び指定都市教育委員会が推薦する次の者
  • (1) 都道府県及び指定都市教育委員会の社会教育主事等での勤務経験が2年目以上の者
  • (2) 都道府県及び指定都市立生涯学習・社会教育センターの社会教育主事等での勤務経験が2年目以上の者
  • (3) 上記(1)〜(2)と同等の職務を行うと主催者が認めた者
    ※趣旨のとおり,本講座は,ある程度経験を積んだ社会教育主事等を対象とした内容で構成していますので,推薦の際には御配慮ください。
定員
50人
会場
国立教育政策研究所社会教育実践研究センター
〒110-0007 東京都台東区上野公園12-43
TEL:03-3823-8420・8681
FAX:03-3823-3008

※詳しくは実施要項PDFファイルをご覧ください

プログラム

※プリントアウトされる方はプログラムPDFファイルをご利用ください。

令和元年11月5日(火)|1日目
時間 内容
10:00-10:30 受付
10:30-11:00 開講式・オリエンテーション
11:00-11:15 休憩
11:15-12:45

行政説明

社会教育行政における現職研修の現状

文部科学省
  総合教育政策局教育人材政策課
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30

講義

今日の社会を取り巻く現代的課題

清國 祐二(76KB)
香川大学
地域連携・生涯学習センター長・教授
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15

グループ協議

各自治体における現代的課題を扱った現職研修について

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
17:45-19:30 情報交換会
令和元年11月6日(水)|2日目

*下記の太枠の中は、現代的課題を扱った現職研修試行実施プログラムです。

時間 内容
9:30-10:30

報告

各自治体における現職研修の現状

<報告者>

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
10:30-11:30

趣旨説明

現代的課題を扱った研修プログラム編成の視点

<説明者>

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
11:30-11:45 休憩
11:45-12:45

演習T

各自治体における現代的課題を扱った事業計画の立案

(課題抽出)

<進行>

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30

演習U

各自治体における現代的課題を扱った事業計画の立案

(課題抽出・調査観点)

<進行>

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15

演習V

各自治体における現代的課題を扱った事業計画の立案

(課題分析)

<進行>

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
令和元年11月7日(木)|3日目

*下記の太枠の中は、現代的課題を扱った現職研修試行実施プログラムです。

時間 内容
9:30-12:45

演習W

各自治体における現代的課題を扱った事業計画の立案

(課題解決に向けた方策)



<進行>

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30

演習X

各自治体における現代的課題を扱った事業計画の発表

<進行>

国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター職員
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15

総括講義

開かれ,つながる社会教育の実現に向けて

山本 和人(156KB)
東京家政大学長
令和元年11月8日(金)|4日目
時間 内容
9:30-11:00

特別講演

今日の社会を取り巻く現代的課題
〜世界から見た日本〜

坂口 緑(122KB)
明治学院大学教授
11:00- 閉講式
(終了予定 11:30)
受講者の声

次年度から施行される改正社会教育主事講習等規定を受け,ネットワーク型行政の中核を担う社会教育主事としての役割や能力等の向上を目指した濃い内容でした。 特に「『主体的・対話的で深い学び』は社会教育でこそ」というベースや,「根拠も踏まえた地域課題の十分な把握」が「人づくり・つながりづくり・地域づくり」の過程へいかに直結するかを, 講義や演習を通じて悩みながらも学ぶことができました。今後,自身の職責を果たすことで具現化してまいりたいと存じます。
 結びに本研修を企画・運営してくださった社研および講師の皆様,そして社会教育について熱く語り合った全国の受講者の皆様に心より感謝申し上げます。

仙台市教育委員会生涯学習部生涯学習課
遠藤 嘉文

今回の研修では,現代的課題の捉え方や学習プログラムへの落とし込み方といった現場でもすぐに使えるヒントをたくさんいただくとともに, 欠けていた視点やおろそかになっていた部分にも気付くことができ,大変有意義なものとなりました。評価が常につきまとう時勢の中でも,社会教育が存在感を発揮し, 必要とされるものになる余地が十分にあることを改めて感じました。また,立場の異なる行政の方との交流においても新たな視点を得ることができ,良い機会となりました。 本研修を受講し高まったモチベーションをそのまま業務につなげていきたいと思います。
 研修を計画してくださった社研の皆様に感謝とともに御礼申し上げます。

千葉市生涯学習センター
中村 文香

令和2年4月より社会教育士の称号が付与されます。これは私たち社会教育を振興する者にとって絶好の広報啓発のチャンスであると思い, 最先端の情報と全国から集まる社会教育主事から各都道府県の実践を得るため,今回参加しました。
 国で制度を作り,それをいかに実効性のあるものにするか苦労をしながら前へ進めておられる文科省の方との対話や,本講座も新しいことにチャレンジするなどし, 日々,思考しながらも全力で取り組んでおられる担当の方の熱量から,刺激の多い4日間を過ごすことができました。
 情報や知識だけならデータや動画で十分ですが,講師の山本学長がおっしゃった「教育は人格的関係の上に成り立つ」「知り合いであることが力になる」 「社会教育はこの力=社会関係資本を増やす」の言葉が先のお二人の姿と重なり,印象に残りました。ありがとうございました。

滋賀県教育委員会事務局生涯学習課
岩脇 俊博

今回の専門講座は,現代的課題を扱った現職研修を企画することに主眼が置かれ,私たち受講者は市町村担当者の立場で演習に参加しました。演習を通して, 現代的課題についてエビデンスを明らかにし捉えることや,その課題の原因を分析すること,そして目的を明確にして学習問題を作るなど,実践的なスキルを身に付けることができました。
 また,昼夜を問わず情報交換し,他県の先進的な取組や課題等について直接話を聞き,相互に刺激を受けることができたことは大変有意義でした。4日間で得た成果を,今後の日々の業務に活かしていきたいと思います。
 社会教育主事としてのブラッシュアップの機会を提供いただいた社会教育実践研究センターの皆様と,長期の出張を支えていただいた職場の皆様に感謝いたします。
 ありがとうございました。

かごしま県民大学中央センター
滿田 忠

資料のダウンロード
 実施要項等