社会教育実践研究センター

センターの案内図 PDF

〒110-0007
東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-0241
FAX 03-3823-3008

令和元年度博物館学芸員専門講座「人づくり・つながりづくり・地域づくりへの展望と博物館
−多様な学習機会の提供ができる学芸員を目指して−」

講義の詳しい内容は各タイトルのリンクをクリックすると見ることができます。

実施要項
趣旨
学芸員として必要な高度かつ専門的な知識・技術に関する研修を行い,都道府県・指定都市等での指導的立場になりうる学芸員としての力量を高める。
令和元年度テーマ
「人づくり・つながりづくり・地域づくりへの展望と博物館
 −多様な学習機会の提供ができる学芸員を目指して−」
主催
文化庁
国立教育政策研究所 (社会教育実践研究センター)
協力
公益財団法人日本博物館協会
期間
令和元年12月11日(水)〜12月13日(金) --- 3日間
対象
学芸員の資格を有している者で,都道府県知事・指定都市長,都道府県・指定都市教育委員会及び関係独立行政法人等が推薦する次の者
  1. 登録博物館,博物館相当施設又は博物館類似施設に勤務する学芸員若しくは同等の職務を行う職員で,勤務経験がおおむね7年以上で指導的立場にある者
  2. 上記(1)と同等の職務を行うと主催者が認めた者
定員
50人
会場
国立教育政策研究所社会教育実践研究センター
〒 110-0007 東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-8420・8681
FAX 03-3823-3008

※詳しくは実施要項PDFファイルをご覧ください

プログラム

※プリントアウトされる方はプログラムPDFファイルをご利用ください。

令和元年12月11日(水)|1日目
時間 内容
10:00-10:30 受付
10:30-11:15 開講式・オリエンテーション
11:15-12:45 基調講演

学習拠点となる博物館

江崎 一子(229KB)
大分香りの博物館館長
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30 行政説明

博物館関連施策の動向

文化庁
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15 交流プログラム

グループ協議

国立教育政策研究所社会教育実践研究センター職員
17:45-19:30 情報交換会
令和元年12月12日(木)|2日目
時間 内容
9:30-11:00 講義

地域課題の解決に向けた事業の展開

市橋 芳則(75KB)
北名古屋市歴史民俗資料館館長
11:00-11:15 休憩
11:15-12:45 講義・事例研究

多様な主体との連携による教育普及活動

<講師>

小川 義和(67KB)
国立科学博物館連携推進・学習センター長

<事例発表>

林 勇介(56KB)
湧別町ふるさと館JRY・郷土館学芸員
12:45-14:00 休憩
14:00-17:15 シンポジウム

知の宝庫における学び合いの促進

<コーディネーター>

半田 昌之
公益財団法人日本博物館協会専務理事

<シンポジスト>

秋山 幸也(73KB)
相模原市立博物館主査学芸員
伊達 元成(101KB)
だて歴史文化ミュージアム学芸員
令和元年12月13日(金)|3日目
時間 内容
9:30-12:45 講義・演習

テーマ実現に迫るビジョンの検討

金山 喜昭(47KB)
法政大学キャリアデザイン学部教授
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30 特別講義

グローバルな視点による伝統文化の継承

河合 正朝
千葉市美術館館長
15:30 閉講式
閉講式終了予定時刻 16:00
受講者の声

各地で先進的な取組をされている学芸員の方々から貴重な実践事例を御紹介いただき,参考になりました。ボランティア制度の導入に関しては,教育機関としての大きな責任が伴うことから,しっかりとした教育を保証するための体制を整えないまま,既存の学芸員が兼務する形での導入は困難であると感じました。しかし,グループ演習等を通じて, 職員の人手不足や施設老朽化,少子高齢化や人口流出など,内外のマイナス要因が多い中で,いかにして今まで以上に地域のための博物館活動が可能か,その方法を模索するヒントを得ることができました。3日間という短期間で質・量ともに充実した研修を受講することができ,センター職員と講師の皆様に感謝しています。周囲の博物館関係者にもこの研修の受講を勧めます。

青森県立郷土館学芸課 学芸主査
増田 公寧

3日間で,講演6本,シンポジウム1本,演習2本という充実したカリキュラムによって数多くの学び,気付きと発見があり,とても楽しく受講させていただきました。東京の区市部からの参加が少なかったのは予想外でしたが,環境の異なる全国各地の学芸員と交流することができました。研修を通じて,各館と各学芸員が抱える課題の発見と共有,改善に向けた取り組み方法などを学ぶことができたのは財産になります。課題が山積している所属館において新たな課題も浮き彫りになりましたので,まずは所属館の職員で情報を共有し,地域へ還元していくための方法を再検討していきたいと思います。受講させていただきましたことに,心より御礼申し上げます。

品川区立品川歴史館 主事(学芸員)
冨川 武史

本講座では数々の印象的なキーワードがありましたが,特に市橋講師の講義にあった“博福連携”は,博物館が福祉に貢献できるという事実に新鮮な驚きを感じました。ますます高齢化社会に向かう今,この取組は多くの館にとって非常に有効な手段になり得ると感じます。また,知りたかった「博物館とボランティアの関わり方」についても,質疑応答や演習の中で多くの参考例を聞くことができました。方針は館によって様々でしたがいずれも納得のいく理由があり,今後自館のボランティア活動を考える上で貴重な情報を得ることができました。
 最後に,講師・参加者の皆様と今回“つながり”ができたことがとても嬉しく,関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

日本郵船歴史博物館 学芸員
小川 友季

今回の講座では,時代とともに博物館の役割が大きく変化してきたことを実感するとともに,学芸員として何をすべきか,何ができるかを考える大変貴重な機会となりました。
 講師の方々,受講者ともに,ジャンル,立地,運営,規模などが異なる博物館・美術館の方々が集まられており,日本各地の博物館が置かれた様々な課題と現状を広く知ることができた点も良かったです。自館での日常業務では経験することのできない「気付き」「発見」があり,これからの学芸員としての進むべき方向を再確認することができました。優れた講師陣による講義やグループワーク,行政説明に至るまで,大変役に立つカリキュラムを御準備いただきありがとうございました。

地方独立行政法人大阪市博物館機構大阪中之島美術館準備室 学芸員
林野 雅人

資料のダウンロード
 実施要項等