第4節 理  科

 

第1款 目  標

 自然の事物・現象への関心を高め,それを科学的に探究させることによって科学的に考察し処理する能力と態度を養うとともに,自然と人間生活との関係を認識させる。

 このため,

1 自然の事物・現象の中に問題を見いだし,それを探究する過程を通して,科学の方法を習得させ,創造的な能力を育てる。

2 自然の事物・現象に関する基本的な科学概念や原理・法則を系統的に理解させ,これらを活用する能力を伸ばし,自然のしくみやはたらきを分析的ならびに総合的に考察する能力と態度を養う。

3 科学的な自然観を育て,また,自然科学が人類の福祉の向上に役だつことを認識させる。

 

第2款 各 科 目

第1 基 礎 理 科

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第2 物 理 T

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第3 物 理 U

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第4 化 学 T

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第5 化 学 U

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第6 生 物 T

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第7 生 物 U

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第8 地 学 T

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第9 地 学 U

1 目  標

2 内  容

3 内容の取り扱い

 

第3款 各科目にわたる指導計画の作成と内容の取り扱い

1 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。

2 指導に当たっては,次の事項に配慮するものとする。