第2章 普通教育に関する各教科
第1節 国  語
第1款 目  標

 国語を適切に表現し的確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力を伸ばし心情を豊かにし,言語感覚を磨き,言語文化に対する関心を深め,国語を尊重してその向上を図る態度を育てる。

 

第2款 各 科 目

第1 国語表現T

 1 目  標

 国語で適切に表現する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力を伸ばし言語感覚を磨き,進んで表現することによって社会生活を充実させる態度を育てる。

 2 内  容

 次の事項について指導する。

 3 内容の取扱い  

第2 国語表現U

1 目  標

 国語で適切かつ効果的に表現する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力を伸ばし言語感覚を磨き,進んで表現することによって社会生活を充実させる態度を育てる。

2 内  容

 1の目標に基づき,「国語表現T」の内容に示す事項について指導する。

3 内容の取扱い

 

第3 国語総合

1 目  標

 国語を適切に表現し的確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力を伸ばし心情を豊かにし,言語感覚を磨き,言語文化に対する関心を深め,国語を尊重してその向上を図る態度を育てる。

2 内  容

 A 話すこと・聞くこと

 次の事項について指導する。

 B 書くこと

 次の事項について指導する。

 C 読むこと

 次の事項について指導する。

 〔言語事項〕

 話すこと・聞くこと,書くこと及び読むことの指導を通して,次の事項について指導する。

3 内容の取扱い  

第4 現 代 文

1 目  標

 近代以降の様々な文章を読む能力を高めるとともに,ものの見方,感じ方,考え方を深め,進んで表現し読書することによって人生を豊かにする態度を育てる。

2 内  容

 次の事項について指導する。

3 内容の取扱い  

第5 古  典

1 目  標

 古典としての古文と漢文を読む能力を養うとともに,ものの見方,感じ方,考え方を広くし,古典に親しむことによって人生を豊かにする態度を育てる。

2 内  容

 次の事項について指導する。

3 内容の取扱い  

第6 古典講読

1 目  標

 古典としての古文と漢文を読むことによって,我が国の文化と伝統に対する関心を深め,生涯にわたって古典に親しむ態度を育てる。

2 内  容

 次の事項について指導する。

3 内容の取扱い  
第3款 各科目にわたる内容の取扱い

 内容の取扱いに当たっては,次の事項に配慮するものとする。