第2章 各 教 科

第1節 国   語

第1款 目   標

 国語を的確に理解し適切に表現する能力を身に付けさせるとともに、思考力を伸ばし心情を豊かにし、言語感覚を磨き、言語文化に対する関心を深め、国語を尊重してその向上を図る態度を育てる。

第2款 各 科 目

第1 国 語 T

 1 目   標

 2 内   容

  A 表   現

  B 理   解  [言語事項]  3 内容の取扱い 第2 国 語 U

 1 目   標

 2 内   容  3 内容の取扱い 第3 国語表現

 1 目   標

 2 内   容  3 内容の取扱い 第4 現 代 文

 1 目   標

 2 内   容  3 内容の取扱い 第5 現 代 語

 1 目   標

 2 内   容  3 内容の取扱い 第6 古 典 T

 1 目   標

 2 内   容  3 内容の取扱い 第7 古 典 U

 1 目   標

 2 内   容  3 内容の取扱い 第8 古典講読

 1 目   標

 2 内   容  3 内容の取扱い
第3款 各科目にわたる指導計画の作成と内容の取扱い

1 指導計画の作成に当たっては、「国語U」、「現代文」、「古典T」、「古典U」及び「古典購読」は「国語T」を履修した後に履修させるものとする。

2 内容の取扱いに当たっては、次の事項に配慮するものとする。