1. TOP
  2. 各部・センター案内
  3. 生涯学習政策研究部
  4. 国際成人力調査(PIAAC)

生涯学習政策研究部

国際成人力調査(PIAAC)

 OECD国際成人力調査(PIAAC:ピアック)は,OECD(経済協力開発機構)が中心となって実施する国際比較調査の一つです。参加する各国の成人(この調査では16〜65歳)が持っている「成人力」について調査し,その力と社会的・経済的成果との関係などを分析します。平成23年(2011年)に第1回調査を実施しました。それから約10年を経て令和4年度に第2回調査を実施します。現在33カ国の参加が予定されています。

成人力とは


 知識をどの程度持っているかではなく,課題を見つけて考える力や,知識・情報を活用して課題を解決する力など,実社会で生きていく上での総合的な力のことを「成人力」と位置付けています。

第2回調査の概要


 第2回調査は,令和4年(2022年)9月から令和5年(2023年)にかけて行います。日本では,住民基本台帳から無作為に抽出された,日本国在住の16歳以上65歳以下の個人が対象です。(未成年の対象者については保護者の同意を得た上で調査を実施します。)

調査内容


 日常生活での様々な場面で,文章や図などの形で提供された情報を理解し,課題の解決に活用する力を調べます。具体的には,「読解力」,「数的思考力」,「状況の変化に応じた問題解決能力」の3つの分野についての調査を行います。対象者自身のことについて尋ねる「背景調査」も併せて行います。

調査方法


 調査は,調査員が訪問して行います。「背景調査」は, 調査員の質問に口頭で回答する面接方式で行います。「読解力」,「数的思考力」,「状況の変化に応じた問題解決能力」の調査は,調査員が持参したタブレットに対象者御自身が解答を入力する方式で行います。入力の仕方は事前に説明します。
OECD国際成人力調査 PIAAC( 第2回調査 )パンフレット PDF/2.83MB)


【調査結果】

第1回調査の結果

2013年10月8日に調査結果の概要および調査問題例が公表されました。
(※文部科学省ウェブサイトへリンク)
PIAAC日本版報告書「調査結果の要約」

PIAAC日本版報告書「調査結果の要約」

  • PIAAC日本版報告書「調査結果の要約」 PDF/13.4MB)
    詳細は、下記報告書に掲載されています。
    • 国立教育政策所編「成人スキルの国際比較−OECD国際成人力調査(PIAAC)報告書」(株)明石書店, 2013, ISBN978-4-7503-3901-6 税込3,990円(本体3,800円)
PIAAC日本版報告書「調査結果の要約」

OECD国際成人力調査報告書

  • OECD Skills Outlook 2013
    (※OECDウェブサイトへリンク)
  • 図表データ
    OECD Skills Outlook 2013に掲載されている主な図表(日本語翻訳版)をエクセル形式でダウンロードできます。

第2回調査の結果

2024年に公表される予定です。

PIAACデータベース

  • PIAACに参加した各国(オーストラリアを除く)のデータ等をSAS形式又はSPSS形式でダウンロードできます。
  • International Public Use Data Filesは現在、英語のみで提供されています。
  • ※容量が大きいため、ダウンロードには時間がかかります。
  • PIAACデータベース:国際マスター版(※OECDウェブサイトへリンク)
  • PIAACデータベース:日本独自の質問項目 SPSS/51.48MB)
    • 背景調査については、国際マスター版の質問項目以外に、日本独自の質問項目が含まれています。日本独自の質問項目は、項目IDにJPXという文字が付けられています。また、学歴に関する質問は、国際マスター版では国際標準教育分類(ISCED)に基づいた選択肢が設けられていますが、日本国内調査においては、日本で一般的に用いられている学歴分類(日本においては、学校教育法で定められた学校種に基づいた分類)を行いました。日本独自の学歴分類項目には、項目IDにJPという文字が付けられています。

PIAAC調査結果分析ツール International Data Explorer

このページのTOPへ