1. TOP
  2. 所長挨拶

所長挨拶

所長:永山 裕二

未来を創る教育を支える 
国立教育政策研究所の使命


 国立教育政策研究所は,昭和24年(1949年)6月に「教育に関する実際的,基礎的研究調査を行う」国立教育研究所として発足し,70年以上の歴史を重ねています。この間,平成13年(2001年)に,中央省庁等改革による文部科学省の発足に伴い,「教育に関する政策に係る基礎的な事項の調査及び研究に関する事務をつかさどる」国立教育政策研究所となりました。
 令和4年(2022年)度の組織は,総務,研究企画開発,教育政策・評価研究,生涯学習政策研究,初等中等教育研究,高等教育研究,国際研究・協力の7部,教育データサイエンス,教育課程研究,生徒指導・進路指導研究,幼児教育研究,社会教育実践研究,文教施設研究の6センターの体制です。このうち教育データサイエンスセンターは,令和3年(2021年)10月に新たに設置したものです。
 また,本研究所は,全国の教育研究所の相互の連絡,研究の連携,成果の交換等を目的として昭和23年(1948年)に設立された全国教育研究所連盟の中心的機関としての役割も担っています。
 本研究所では,@様々な政策課題に関するプロジェクト研究,A教育の各分野に関する専門的・実証的な調査研究を行うほか,B文部科学省が実施する全国学力・学習状況調査において,教科に関する調査の問題や解説資料の作成,調査結果の分析,報告書の作成などを担当するとともに,C経済協力開発機構(OECD)の生徒の学習到達度調査(PISA),国際教員指導環境調査(TALIS),国際成人力調査(PIAAC),国際幼児教育・保育従事者調査(TALIS 3S),国際教育到達度評価学会(IEA)の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)などの国際共同研究の国内実施機関としての役割も担っています。これらの結果や成果は,政策の立案・評価の資料として,また教育現場での実践を支えるものとして,多方面で生かされています。
 技術革新やグローバル化,少子高齢化や人生百年時代など社会の大きな変化が進む中で,一人ひとりが主体性をもって幸せに生きていくことができるようにするとともに,皆で協力して持続可能な社会をつくっていくために,教育の役割はますます重要になります。
 教育は未来を創るものです。
 研究所は,教育に関する国立の政策研究所として,これからも文部科学省や全国の自治体,大学,教育研究機関などと連携を図りつつ,教育に関する政策に係る調査・研究を一層推進し,その成果や取組の状況を積極的に発信していきたいと考えています。
 引き続きの御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和4年9月

所長  永 山 裕 二
このページのTOPへ