生徒指導・進路指導研究センター


平成31年度生徒指導研究推進協議会

開催要項
趣旨  国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センターでは,社会性育成をはじめとして,いじめや不登校など,生徒指導に係る様々な調査研究を実施している。
 平成30年度は,研究成果として,生徒指導リーフ Leaf.22「不登校の数を『継続数』と『新規数』とで考える」及び「継続数・新規数を用いて各校に不登校の取組の点検・見直しを促す指導主事向け資料」を作成し配布した。
 本協議会では,生徒指導・進路指導研究センターにおける調査研究から得られた知見を紹介するとともに,それらの知見の具体的な活用に関する意見交流を行う。
主催 国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター
開催期日・会場 平成31年6月14日(金)
10時00分から16時30分まで(9時15分より受付)
文部科学省3F講堂
東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎第7号館東館
電話03-6733-6880 (生徒指導・進路指導研究センター企画課)
参加対象者 各都道府県・政令指定都市・中核市教育委員会・市区町村教育委員会の生徒指導担当者
時程
テーマ「児童生徒の発達をつなぐ生徒指導」
午前 開会
報告1
「不登校施策2つの視点について」
報告2
「『学校いじめ対策組織』の構成と運用について」
報告3
「児童生徒の諸課題を予防する学校の指導体制づくりについて」
昼食休憩
午後
報告4
「児童生徒が活動を記録し蓄積する教材等の活用について」
報告5
「児童生徒の社会情緒的側面の発達について」
グループ協議
閉会
各種様式ダウンロード