生徒指導・進路指導研究センター


平成30年度生徒指導研究推進協議会

開催要項
趣旨  国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センターでは,社会性育成をはじめとして,いじめや不登校,高校中退など,生徒指導に係る様々な調査研究を実施している。
 平成29年度は,研究成果として「『高校中退調査 報告書』〜中退者と非中退者の比較から見えてきたもの〜」を公表するとともに,『全教職員が認識を共有し,主体的に取り組むことで,いじめの未然防止は可能。』等の資料を作成し配布した。
 本協議会では,生徒指導・進路指導研究センターにおける調査研究から得られた知見を紹介するとともに,それらの知見の具体的な活用に関する意見交流を行う。
主催 国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター
開催期日・会場 平成30年6月12日(火)
10時00分から16時30分まで(9時15分より受付)
文部科学省3F講堂
東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎第7号館東館
電話03-6733-6880 (生徒指導・進路指導研究センター企画課)
参加対象者 各都道府県・政令指定都市・中核市教育委員会・市区町村教育委員会の生徒指導担当者
時程
午前 開会
テーマ1
「いじめの情報共有に関する校内体制の在り方を検討する」
昼食休憩
午後
テーマ2
「中退調査(2次分析)のデータを教育現場(中高)の取組に生かす」
テーマ3
「指導主事にしかできない不登校の取組を考える
 〜「魅力ある学校づくり調査研究事業」の成果〜」
閉会
各種様式ダウンロード