1. TOP
  2. NIER NOW (国研の様子)
  3. 平成31年 1月30日

NIER NOW (国研の様子)

平成30年度教育改革国際シンポジウム
「学びのイノベーションに向けた創造的で働きやすい学校空間
 −シンガポールと日本の事例から−」が開催されました。

平成31年1月30日(水)午後,文部科学省講堂にて,平成30年度教育改革国際シンポジウム「学びのイノベーションに向けた創造的で働きやすい学校空間−シンガポールと日本の事例から−」を開催し,全国から約220名の参加がありました。

第1部では,本研究所の常盤豊所長より,シンポジウムの趣旨等について説明があった後,シンガポール及び日本において,新しい時代の学校運営の姿や教師の役割,また,それを支える学校施設について高い知見を有している各氏に御講演いただきました。 シンガポールからは,シンガポール国立教育学院 教授 Tan Oon Seng氏による「21世紀の教育: 教師の資質向上と創造的な学習・働き方に向けたエコロジー」, シンガポール国立大学 教育工学センター長 Ravi Chandran 氏による「学習空間とデザイン」に関する御講演に続き,日本から,独立行政法人教職員支援機構 次世代教育推進センター長 大杉 昭英 氏による「日本の学校における教育活動の現状と課題」,株式会社日本設計第3建築設計群副群長チーフ・アーキテクト 小泉 治 氏より,「個から集団へ 教員スペースでの取り組みと事例について」に関する御講演が行われました。

第2部では,本研究所の森文教施設研究センター長をモデレーターとし,第1部の講演者に加え,メルボルン大学准教授 Kenn Fisher 氏とウエストミンスター大学上級講師 Alastair Blyth 氏によるショートプレゼンテーションが冒頭に行われた後,パネルディスカッションを行いました。パネルディスカッションでは, 各登壇者の講演内容を踏まえ,@教師の役割の変化,A教師がより良い学習環境を作り出すにはどうすればよいか,B学校のリーダーや政策立案者は教師にどのような支援を提供できるかの三つの課題について, それぞれの立場から意見をいただき、また会場からの質問も交えながら、議論が深められました。

※当日の講演資料等はこちらから
  http://www.nier.go.jp/shisetsu/html/04.html

Tan Oon Seng 氏
シンガポール国立
教育学院 教授
Ravi Chandran 氏
シンガポール国立大学
教育工学センター長
大杉 昭英 氏
独立行政法人教職員
支援機構
次世代教育推進
センター長
小泉 治 氏
株式会社日本設計
第3建築設計群 副群長
チーフ・アーキテクト
Kenn Fisher 氏
メルボルン大学 准教授
Alastair Blyth 氏
ウエストミンスター大学 上級講師
パネルディスカッション
このページのTOPへ
Copyright(C)2015 National Institute for Educational Policy Research All Rights Reserved.