1. TOP
  2. NIER NOW (国研の様子)
  3. 平成29年1月16日

NIER NOW (国研の様子)

幼児教育研究センター発足記念平成28年度教育研究公開シンポジウム
「幼児教育の質の向上を支える研究と研修の在り方を考える~幼児教育140年の歴史から未来を考える~」を開催

国立教育政策研究所では,研究成果を直接教育現場や国民に還元し,学校教育や社会教育における教育内容・方法の改善,教員や指導者の資質向上に資することを目的とした「教育研究公開シンポジウム」を開催しています。

今年度は,4月に新たに設置した「幼児教育研究センター」発足と幼児教育140年という節目を記念して,「幼児教育の質の向上を支える研究と研修の在り方を考える~幼児教育140年の歴史から未来を考える~」をテーマとして,文部科学省講堂にて,平成29年1月16日(月)午後に開催しました。全国から,幼稚園,保育所,認定こども園の関係者や地方自治体の幼児教育担当者,教員養成大学教員など,幼児教育関係者を中心に,388名の参加がありました。

冒頭,杉野剛所長から,シンポジウムの開催趣旨説明を交えた挨拶が行われました。次に,文部科学省初等中等教育局幼児教育課の伊藤学司課長から「これまでの幼児教育と今後の展望」,お茶の水女子大学の室伏きみ子学長から「幼児教育140年の歩み」と題してお茶の水女子大学が果たしてきた役割などをお話しいただき,渡邊恵子幼児教育研究センター長からは同センターの紹介を行いました。

その後,講演とパネルディスカッションに移り,まず,東京大学大学院教育学研究科,同研究科附属発達保育実践政策学センター長の秋田喜代美教授に「質の向上を支える研修と研究」についてご講演をいただきました。パネルディスカッションは,幼児教育研究センターの掘越紀香総括研究官をコーディネーターとし,講演者の秋田教授,白梅学園大学の無藤隆教授,千葉大学の砂上史子准教授,認定こども園あかみ幼稚園の中山昌樹園長,文部科学省の小松親次郎文部科学審議官により,「今後の幼児教育の目指すもの:これまでの歩みとこれからの在り方」と題して行われました。

また,シンポジウムの開催と同時に,講堂のホワイエにて,自治体や大学関係,関連団体のご協力によるポスター展示等を行いました。

シンポジウムの様子 パネルディスカッションの様子 ポスター展示等の様子
シンポジウムの様子 パネルディスカッションの様子 ポスター展示等の様子
  • 当日のプログラム・資料等は「こちら」を御覧ください。
このページのTOPへ
Copyright(C)2015 National Institute for Educational Policy Research All Rights Reserved.