1. TOP
  2. NIER NOW (国研の様子)
  3. 平成28年4月25日, 6月15日

NIER NOW (国研の様子)

タイ王国及びガーナ共和国教育関係者が国立教育政策研究所を訪問

平成28年4月25日(月)、日本の教育政策や教育実践について学ぶため、Kanok Wongtrangan 前首相アドバイザーをはじめ、教育省やコンケン大学関係者など7名のタイ王国教育関係者が国立教育政策研究所を訪問しました。

午前は教育行政や地方教育財政を中心に、文部科学省の担当者から施策の説明が行われました。午後は河村所長への表敬訪問の後、大野国際研究・協力部長、銀島総合研究官、沼野総括研究官、小久保学力調査課長らが一行を迎え、研究所の概要や全国学力・学習状況調査等について説明が行われました。また、一行からはタイの教育政策や取組についても紹介がありました。その中で、日本の教育について学ぶ機会の提供ASEANを中心とした交流等について提案があり、引き続き相互に連携・協力することの可能性を模索していくこととしました。

また、平成28年6月15日(水)には、国際協力機構(JICA)による「初中等教員の資質向上・管理政策制度化支援プロジェクト」の一環として、Enoch Cobbinah 教育省事務次官をはじめ、ガーナ教育サービスなど7名のガーナ共和国教育関係者が国立教育政策研究所を訪問しました。

湊屋次長への表敬訪問の後、沼野総括研究官と小田研究員により、研究所の概要や日本の教員政策、PISA調査等について説明が行われ、活発な質疑応答が行われました。最後に、ガーナにおける今後の教員政策の展望について紹介があり、終始和やかなムードで意見交換が行われました。

タイ王国教育関係者 タイ王国教育関係者
河村所長と
タイ王国教育関係者一行
タイ王国教育関係者との
意見交換の様子
ガーナ共和国教育関係者 ガーナ共和国教育関係者
湊屋次長とガーナ教育省
Enoch Cobbinah 事務次官
ガーナ共和国教育関係者一行と
国立教育政策研究所担当者
このページのTOPへ
Copyright(C)2015 National Institute for Educational Policy Research All Rights Reserved.