1. TOP
  2. NIER NOW (国研の様子)
  3. 平成27年9月24日

NIER NOW (国研の様子)

プロジェクト研究「非認知的(社会情緒的)能力の発達と科学的検討手法についての研究」のシンポジウムを開催

 研究所のプロジェクト研究「非認知的(社会情緒的)能力の発達と科学的検討手法についての研究」(平成27~28年度実施)は、9月24日(木)に日本心理学会第79回大会(名古屋国際会議場)にてシンポジウムを開催しました。
シンポジウムでは、「『非認知的能力』をめぐる研究と心理学-社会の発展・個人の発達・教育の可能性―」をテーマに掲げ、遠藤利彦氏(東京大学大学院教授)より、「非認知的能力」の中でも特に社会情緒的コンピテンスに該当する部分が、子供自身の中で生涯に わたってどのような機能を持つのか、個人適応への影響などについてお話しいただきました。また、各話題提供者より、そもそも「非認知的能力」をどう捉えるのか、それがどのような発達経路をたどり、機能しているのか、さらに、個人の能力や特徴の可変性、教育が持ち得る可能性などにつ・「て研究発表が行われ、様々な心理学的研究に基づく、積極的な議論が行われました。

参考資料

このページのTOPへ
Copyright(C)2015 National Institute for Educational Policy Research All Rights Reserved.