1. TOP
  2. NIER NOW (国研の様子)
  3. 平成26年8月28日

NIER NOW (国研の様子)

国際シンポジウム「学問分野のチューニングによる学位プログラムの設計」を開催

 国立教育政策研究所では,このたび,研究所職員や大学関係者等を対象として,平成26年8月28日(木)にKKRホテル東京で国際シンポジウム「学問分野のチューニングによる学位プログラムの設計」を開催しました。

 シンポジウムでは,立石 慎治氏(当研究所高等教育研究部 研究員)の司会進行により,まず深堀 聰子氏(当研究所高等教育研究部 総括研究官)よりチューニング(大学教育を通して学生に習得させたい知識や能力を学問分野別に定義するための実践的方法)についての当研究所での研究内容が説明された後,Daniel Mclnerney氏(ユタ州立大学歴史学部 教授)より米国におけるチューニングの取組について,また川島 啓二氏(当研究所高等教育研究部 部長)より我が国におけるチューニングの政策的意義についての説明が行われました。

 その後は,高等教育政策に携わる合田 哲雄氏(文部科学省研究振興局学術研究助成課長)や,大学・学問分野を代表する岸本 喜久雄氏(東京工業大学大学院理工学研究科 工学系長)を交えたパネルディスカッションが行われ,チューニングに関する議論が活発に行われました。


国際シンポジウムHEPS@NIER(5) 

   
 
 
このページのTOPへ
Copyright(C)2015 National Institute for Educational Policy Research All Rights Reserved.