国立教育政策研究所教育図書館

往来物デジタルアーカイブ

往来物とは

近代の教科書が使われた明治前期以前に,寺子屋や家庭などで使用された学習書のことです。平安時代末期の『明衡往来』が最古のものといわれています。手紙の文例集から発達したもので,往来物という名称も往信来信に由来しています。
江戸時代になると,庶民を対象にした往来物も多数つくられるようになり,寺子屋等の学習書として広く普及しました。
教育図書館では,江戸時代の往来物約100冊を所蔵しています。

往来物画像

分類から往来物をみる

熟語類

往来物画像
子供が手はじめに学習するのにふさわしい,単字・単語・短句・短文をあつめたもの。

消息類

往来物画像
手紙の規範文・規範型を収めたもの。手紙に使用される短文・短句・単語等をまとめたもの。

歴史類

往来物画像
過去の事件や人物,歴史の流れを題材とするもの。

地理類

往来物画像
国名や地名,特定地域の風土・機構・産業・名勝旧跡などをまとめたもの。

訓育類

往来物画像
児童への教訓を中心に編まれたもの。

実業類・合書

往来物画像
農業,工業,商業等に関する知識や心得などをまとめたもの。合書は,複数の内容を1冊にまとめたもの。