トップページに戻る

イベント情報

高等教育政策セミナー(8)
次世代歴史教育研究会キックオフ・コンファレンス
学習者中心の大学歴史教育〜学習成果=コンピテンス・アプローチをどういかすか〜

*このイベントは終了しました。

 

 日程 

  2016年8月23日(火) 10:00〜16:00(受付9:30〜)  

 

 会場 

  大阪大学中之島センター 703講義室 アクセス

 

 定員

  80名(先着順)  

 

 参加お申込み(8月13日締切り)

  下記情報を含む電子メールを国立教育政策研究所チューニング情報拠点宛てにお送りください。
標題:
「学習者中心の大学歴史教育参加申込み」
本文:
①御氏名、②御所属 ③講演会への参加の有無(参加費無料) ④昼食懇談会への参加の有無(会費:1,030円) ⑤歴史教育・哲学教育合同研究会への参加の有無(参加費無料)

 

 概要

 

 今日,学習者の視点に立って,学習成果=コンピテンスという観点から高等教育を組み立て直すという動きは,国際的に大きな流れとなっている。しかし,我が国の大学ではこうした認識が乏しく,とりわけ人文系部門ではそれが甚だしい。
   次世代歴史教育研究会は,その先鞭(せんべん)をつけるべく,学習成果=コンピテンスの観点を歴史教育にいかす方途を研究するために結成された。今回の会議では,研究会の趣旨を広く関係学界等に周知して,この取組の意義への理解を広める一方,研究会への賛同者を募りたい。さらに、歴史教育哲学教育合同研究会を通じて哲学、歴史に共通する課題を議論しながら、広く人文系全体への導入を展望したい。

●チラシ(全体)のダウンロードはこちら

●チラシ(歴史教育哲学教育合同研究会)のダウンロードはこちら

 

 お問合せ先

 

国立教育政策研究所チューニング情報拠点

 

 プログラム

10:00第1部 講演会
開会挨拶・趣旨説明

竹中 亨(大阪大学大学院 文学研究科 教授)
10:10講演1チューニングをめぐる世界の状況と今後の日本の大学教育にもつ意味
深堀 聰子(国立教育政策研究所 高等教育研究部 部長)
10:50講演2ヨーロッパの大学における歴史教育の現状と日本での課題
竹中 亨
12:00昼食懇談会
13:30第2部 研究会
趣旨説明
歴史教育 哲学教育合同研究会について
竹中亨
セッション1次世代哲学教育研究会からの問題提起と討論
13:351.1学位プログラムに基づいた哲学教育カリキュラムのデザインとその改善
田中一孝(桜美林大学 哲学専攻区分 講師)
14:051.2分野別学習成果の測定
畑野快(大阪府立大学 特認助教)
セッション2欧米での歴史学参照基準と我が国での歴史学・人文学の参照基準の在り方
14:452.1歴史学の参照基準について
竹中 亨
15:05全体ディスカッション
コメンテーター
我が国の人文学教育における学習成果=コンピテンス・アプローチの導入
深堀 聰子
16:00閉会