トップページに戻る

イベント情報

国際シンポジウム
学問分野のチューニングによる学位プログラムの設計
− ユタ州立大学と米国歴史学会の経験から導く政策への示唆 −

 

 日程 

  2014年8月28日(木)13:30〜16:30 (受付:13:00〜)  

 

 会場 

  KKRホテル東京 瑞宝の間  
  アクセス  

 

 定員

  100名(先着順)  

 

 言語

  日本語・英語(同時通訳付き)  

 

 参加お申込み

  8月22日(金)までに電子メールでお申し込みください(アドレス: tuning-ahelo@nier.go.jp)。
標題を「HEPS@NIER(5)registration」として、@御氏名、A御所属をお知らせください。
※参加無料。

 

 概要

 

 「学生が何を知り、理解し、実行することができるか」という観点から大学教育のアウトカム(成果)を明らかにし、その実現に向けて教育課程を効果的に編成する必要があるという「考え方」は、我が国でもかなり定着してきたと言えるでしょう。いわゆる3つのポリシー(ディプロマ/カリキュラム/アドミッション・ポリシー)は、どの大学でも標榜されるようになりました。それらを学問分野の知識の体系と有機的に結びつけ、学位プログラムとして実質化させることが、次なる大きな課題と言えますが、それは大学教員による主体的で協同的な取組なくして実現することはできません。
 本シンポジウムでは、チューニングの手法を用いて歴史学分野におけるアウトカムに関する合意形成と学位プログラムの設計・実践に成功してきた米国ユタ州立大学、ユタ州高等教育システム、並びに米国歴史学会の事例に注目し、中心的役割を果たしてこられたダニエル・マッキナーニー教授より、具体的な取組について御紹介いただきます。

 

 プログラム(予定)

<開催挨拶> 大槻達也 (国立教育政策研究所 所長)
   
<講演>  
1. Tuning-AHELOテスト問題バンクから始めるグローバル質保証トータルパッケージ
−コンピテンス枠組みの共有と水準規定から学位プログラム設計へ−
(PDF: 553KB)
深堀聰子 (国立教育政策研究所高等教育研究部総括研究官)
   
2.

歴史学分野のチューニング‐ユタ州立大学と米国歴史学会の取組 (PDF: 1.34MB)
ダニエル・マッキナーニー(ユタ州立大学歴史学部教授・副学部長)参考資料 (PDF: 1.87MB)

   
3.

チューニングから大学教育改革を「再読」(PDF: 420KB)する
川島啓二 (国立教育政策研究所高等教育研究部長)

     
<パネルディスカッション> (PDF: 228KB)
コメンテーター1   合田哲雄 (文部科学省研究振興局学術研究助成課長)
コメンテーター2   岸本喜久雄 (東京工業大学大学院理工学研究科工学系長)
コーディネーター   深堀聰子
パネリスト   ダニエル・マッキナーニー、合田哲雄、岸本喜久雄、川島啓二
 
<閉会挨拶> 大槻達也 (国立教育政策研究所 所長)

 

 お問合せ先

 

国立教育政策研究所高等教育研究部

 

 参考情報

  • 高等教育政策セミナー(4) 韓国の高等教育政策の動向
  •  
  • 高等教育政策セミナー(3) 「マサチューセッツ州立大学・高等教育システムにおける学習成果アセスメントの新しい取り組み」
  •  
  • 高等教育政策セミナー(2) 「オーストラリアにおける大学の質保証」
  •  
  • 高等教育政策セミナー(1)
  • 「高等教育における大学‐政府‐産業社会の相互作用:主たるステークホルダーとの関係」
    「オーストラリア高等教育におけるアカデミック・スタンダードの定義とモニタリング」
       

     


    Higher Education Policy Seminar at NIER (5)

    International Symposium
    Tuning the Disciplines and Designing Degree Programs
    The Experiences of Utah State University and the American Historical Association and their Policy Implications

     Date & Time

      Thursday, August 28, 2014 1:30-4:30 PM  

     

     Venue

      KKR Hotel Tokyo (Banquet Room “Zuihoh”)  
      MAP  

     

     Registration

     

    Please register by sending an email with the following information to tuning-ahelo@nier.go.jp by Friday, August 22, 2014.
    → Subject line: HEPS@NIER (5)
    → Your full name and organization name

    There is no registration fee, but pre-registration is required as space is limited (seating capacity: 100).

     

     Featured Speakers

         
      Opening Address Tatsuya Otsuki (Director General, NIER)
         
      Presentation 1 Satoko Fukahori (Senior Researcher, Department for Higher Education Research, NIER)
      Presentation 2 Daniel McInerney (Professor and Associate Department Head, Department of History, Utah State University)
      Presentation 3 Keiji Kawashima (Director, Department for Higher Education Research, NIER)
         
      Panel Discussion
      Commentator 1 Tetsuo Goda (Director, Scientific Research Aid Division, Research Promotion Bureau, MEXT)
      Commentator 2 Kikuo Kishimoto (Dean of Engineering, Tokyo Institute of Technology)
      Coordinator Satoko Fukahori
      Panelists Daniel McInerney, Tetsuo Goda, Kikuo Kishimoto, and Keiji Kawashima
         
      Closing Remarks Tatsuya Otsuki (Director General, NIER)
         

     

     Contact

      Department for Higher Education Research, NIER
    tuning-ahelo@nier.go.jp