トップページに戻る

イベント情報

高等教育政策セミナー/HEPS@NIER(3)
終了しました

 

マサチューセッツ州立大学・高等教育システムにおける学習成果アセスメントの新しい取り組み

 講師

 Dr. Patricia Crosson

Senior Advisor for Academic Policy for the Massachusetts Department of Higher Education,
Chair of the Working Group on Student Learning Outcomes and Assessment,
Professor Emeritus of Higher Education and former Interim Provost for the University of Massachusetts Amherst

  【発表資料】 Building on Excellence - A Novel Massachusetts Approach for Learning Outcomes Assessment Among Public Campuses and the Public Higher Education System

 

 マサチューセッツ州では、州立大学システムの質の向上にむけた取り組み(Vision Project)が展開されています。その一環として、2009年秋に同州の大学関係者(総長、学務担当副総長、教員、IR担当者、学生等)等から構成される学習成果アセスメント・ワーキンググループ(WGSLOA)が発足し、1年半にわたって、同州における学習成果アセスメントのあり方に関する検討が重ねられました。そして、2011年3月に最終報告書がとりまとめられました。
 このセミナーでは、WGSLOAの座長であるパトリシャ・クロソン教授をお招きして、学習成果アセスメントの導入にむけて、どのような議論が展開され、どのような提言が取りまとめられたのかについて、お伺いいたします。

 

 

 日程: 2011年12月22日(木)16:00〜18:00

 

 会場: 国立教育政策研究所(6階第一特別会議室)

 

 定員: 30名(先着順)

 

 言語: 英語(逐次通訳つき)

 

 参加お申込み: 12月19日(月)までに電子メールでお申し込みください。標題を「HEPS@NIER(3)registration」として、①氏名、②ご所属をお知らせください。参加無料。

 

 お問い合わせ先: 深堀聰子(高等教育研究部総括研究官) (お問い合わせ先/03-6733-6972)

 

 過去のイベント

 


 

Higher Education Policy Seminar at NIER (3)

A Novel Massachusetts Approach for Learning Outcomes Assessment Among Public Campuses and the Public Higher Education System

● Dr. Patricia Crosson (Senior Advisor for Academic Policy for the Massachusetts Department of Higher Education; Chair of the Working Group on Student Learning Outcomes and Assessment, Professor Emeritus of Higher Education and former Interim Provost for the University of Massachusetts Amherst)

● Thursday, December 22, 2011, 16:00-18:00

● National Institute for Educational Policy Research (6th Floor, Special Conference Room 1)

● Register by Monday, December 19, 2011. Please title your message “HEPS@NIER (3) registration” and indicate your name and organization /institution. There is no registration fee (seating capacity: 30 persons)

● Contact: Satoko Fukahori(お問い合わせ先/03-6733-6972)