トップページに戻る

「社研通信」コーナー

○ ● ○ ●  社 研 通 信  5 月 号  ● ○ ● ○

<目次>

  • トピック

    そうだ!社研に聞こう!!〜レファレンスを御活用ください〜

  • 雑誌「社会教育」で情報発信中!(5月号)
  • 文部科学省生涯学習政策局編集「マナビィ・メールマガジン」で情報発信中!
  • 編集後記

……………………………………………………………………………………………………

トピック

  1. そうだ!社研に聞こう!!〜レファレンスを御活用ください〜

    社研では,全国の皆様が抱えている社会教育に関する疑問や悩みを受付,これまで構築したネットワークを活用したり,蓄積した情報を取りまとめたりするなどして,その解決のお手伝いをするレファレンスサービスを行っています。
     平成29年度は,社研が実施する研修等に関するお問い合わせ,特定のテーマについて詳しい講師や関連する外部機関の紹介,特定のテーマに関する先進事例の紹介, 各自治体で実施される調査研究での調査票の作成や集計に関する相談等,1年間で265件のお問い合わせを頂きました。レファレンスの件数は,平成27年度以降,年間およそ250件強となっています。
     また,この他に,都道府県・政令指定都市が主催する研修のお手伝いも行っています。具体的には,御依頼に応じて各地の研修会に職員がうかがい,国の動向や施策について話をさせていただいたり, 社研の調査研究等で開発した研修プログラムの一部を演習として実施させていただいたりしています。今年度は,これまでに,全国から16件の御依頼を頂いています。
     これらのお問い合わせが,社研にとって,情報やノウハウを蓄積し,ネットワークを構築するための貴重な機会となります。皆様の日々の業務や活動をより良いものにするためにも, 社研を良き相談相手として,レファレンスサービスをぜひ御活用ください。どのような御相談でも真摯に対応します。
     なお,お問い合わせは,電話,メール,FAX,来所のいずれの方法でも可能です。

     <お問い合わせ先>
     電話:03-3823-8683  FAX:03-3823-3008
     メール:ref-shaken@nier.go.jp

     皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしています。

    (担当 白井)

……………………………………………………………………………………………………

雑誌「社会教育」で情報発信中!

"社研EYE"

雑誌「社会教育」(発行 一般財団法人日本青年館)の"社研EYE"のコーナーで,社研スタッフのコラムや調査研究報告書,社研の窓の紹介,講座・セミナーの情報等を掲載しています。

【5月号の主な内容(5月1日発売)】

今月の“社研EYE”では,地域教育力を高めるボランティアセミナー,教育研究公開シンポジウム,新職員について掲載しています。

……………………………………………………………………………………………………

文部科学省生涯学習政策局編集「マナビィ・メールマガジン」で情報発信中!

「マナビィ・メールマガジン」の「社研通信」コーナーでも,「社研通信」の新着情報が紹介されています。その他,トピックス等の掲載情報をお知らせしています。

*「マナビィ・メールマガジン」は,文部科学省のイベントやお知らせ,生涯学習・社会教育に関する取り組みの紹介等が掲載されております。(毎月8日,24日配信)

マナビィ・メールマガジンの御登録を,よろしくお願いします。
→ 御登録はこちら

……………………………………………………………………………………………………

編集後記

ようやくパンダのシャンシャンも落ち着いて観られるようになり(それでも行列ができますが),上野も落ち着きを見せ,心も軽く薄着になって散歩するにはもってこいの季節になりました。
  陰暦5月を「さつき」と呼びますが,これは耕作を意味する言葉が由来にあるようです。英語で5月をMayと呼びますが,これも豊穣の女神マイアに捧げられた月という起源があり, 洋の東西を問わず自然の再生を意味しています。スタートを切るのにもってこいの月,毎日の勉強やダイエットからラジオ体操まで,本当のスタート地点はここかもしれません。 やればできる。先月スタートを切れなかった自分はそう思います。

(企画係 中澤)

……………………………………………………………………………………………………