社会教育実践研究センター

センターの案内図 PDF

〒110-0007
東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-0241
FAX 03-3823-3008

平成30年度博物館学芸員専門講座「地域課題の解決に向けた多様な学習機会を提供できる学芸員へ」

講義の詳しい内容は各タイトルのリンクをクリックすると見ることができます。

実施要項
趣旨
学芸員として必要な高度かつ専門的な知識・技術に関する研修を行い,都道府県・指定都市等での指導的立場になりうる学芸員としての力量を高める。
平成30年度テーマ
「地域課題の解決に向けた多様な学習機会を提供できる学芸員へ」
主催
文部科学省
国立教育政策研究所 (社会教育実践研究センター)
協力
公益財団法人日本博物館協会
期間
平成30年12月12日(水)〜12月14日(金) --- 3日間
対象
学芸員の資格を有している者で,都道府県・指定都市教育委員会及び関係独立行政法人等が推薦する次の者
  1. 登録博物館,博物館相当施設又は博物館類似施設に勤務する学芸員若しくは同等の職務を行う職員で,勤務経験がおおむね7年以上で指導的立場にある者
  2. 上記(1)と同等の職務を行うと主催者が認めた者
定員
50人
会場
国立教育政策研究所社会教育実践研究センター
〒 110-0007 東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-8420・8681
FAX 03-3823-3008

※詳しくは実施要項PDFファイルをご覧ください

プログラム

※プリントアウトされる方はプログラムPDFファイルをご利用ください。

平成30年12月12日(水)|1日目
時間 内容
10:00-10:30 受付
10:30-11:15 開講式・オリエンテーション
11:15-12:45 基調講演

地域における博物館の意義とは
 〜天王寺動物園の改革を例に〜

牧 慎一郎
大阪市天王寺動物園園長
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30 行政説明

博物館関連施策の動向

文化庁
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15 交流プログラム グループ協議
国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター
17:45-19:30 情報交換会
平成30年12月13日(木)|2日目
時間 内容
9:30-11:00 特別講義

グローバルな視点による伝統文化の継承

栗原 祐司
京都国立博物館副館長
11:00-11:15 休憩
11:15-12:45 講義・事例研究

多様な主体との連携による教育普及活動

<講師>

寺島 洋子
国立西洋美術館主任研究員

<事例>

矢代 勝也
MOA美術館学芸部次長
12:45-14:00 休憩
14:00-17:15 シンポジウム

知の宝庫における学び合いの促進

<コーディネーター>

半田 昌之
公益財団法人日本博物館協会専務理事

<シンポジスト>

大河内 智之
和歌山県立博物館主査学芸員
柳沢 秀行
大原美術館学芸課長
平成30年12月14日(金)|3日目
時間 内容
9:30-12:45 講義・演習

テーマ実現に迫るビジョンの検討

 金山 喜昭
法政大学キャリアデザイン学部教授
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30 講義

地域課題の解決に向けた事業の展開

大野 究
氷見市立博物館館長
15:30 閉講式
閉講式終了予定時刻 16:00
資料のダウンロード
 実施要項等