社会教育実践研究センター

センターの案内図PDF

〒110-0007
東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-0241
FAX 03-3823-3008

平成26年度博物館長研修

講義の詳しい内容は各タイトルのリンクをクリックすると見ることができます。

実施要項
趣旨
新任の博物館長等に対し,博物館の管理・運営,サービスに関する専門知識や,博物館を取り巻く社会の動向などについて研修を行い,博物館運営の責任者としての力量を高める。
平成26年度テーマ
「人口減少時代の博物館運営」
主催
文部科学省
国立教育政策研究所 (社会教育実践研究センター)
協力
公益財団法人日本博物館協会
実施期間
平成26年10月8日(水)〜10月10日(金)---3日間
対象
都道府県・指定都市教育委員会及び関係独立行政法人等が推薦する次の者
  1. 主として登録博物館、博物館相当施設又は博物館類似施設の館長・副館長に就任し 2年未満の者
  2. 上記1と同等の職務を行うと主催者が認めた者
定員
50名
会場
国立教育政策研究所社会教育実践研究センター
〒 110-0007 東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-8420 FAX 03-3823-3008

※詳しくは実施要項PDFファイルをご覧ください

プログラム

※プリントアウトされる方はプログラムPDFファイルをご利用ください。

平成26年10月8日(水)|1日目
時間 内容
10:30-11:00 受付
11:00-11:45 開講式・オリエンテーション
11:45-12:45

行政説明 博物館関連施策の動向

文部科学省生涯学習政策局社会教育課
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30

特別講義 

今後の博物館の充実方策について

銭谷 眞美
東京国立博物館館長
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15

交流プログラム 社研カフェ

社会教育実践研究センター
17:45-19:30 情報交換会
平成26年10月9日(木)|2日目
時間 内容
9:30-11:00

講義 

地域との関わりをどのように築くか

高橋 真理子 (PDF41KB)
星空工房アルリシャ代表
11:00-11:15 休憩
11:15-12:45

講義 

学芸員を育てる環境をどのように築くか

斎藤 靖二 (PDF112KB)
神奈川県立生命の星・地球博物館名誉館長
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30

事例研究・協議 いかにして危機を防ぎ,危機に対処するか 

事例1 ネットワークの形成と活用

森田 利仁 (PDF55KB)
千葉県立中央博物館主席研究員/教育普及課長

事例2 IPMの特徴と展開

本田 光子 (PDF169KB)
九州国立博物館特任研究員
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15

事例研究・協議 いかにして危機を防ぎ,危機に対処するか (継続)

平成26年10月10日(金)|3日目 
時間 内容
9:30-12:45

シンポジウム 人口減少時代の博物館と観光について

〈 コーディネーター 〉
 石森 秀三
北海道開拓記念館 館長
〈 登壇者 〉
酒井 一郎 (PDF243KB)
秋田内陸縦貫鉄道株式会社 前代表取締役社長
越智 裕二郎 (PDF169KB)
広島県立美術館館長
 半田 昌之
公益財団法人日本博物館協会専務理事
12:45-13:15 閉講式
14:00-15:00

特別プログラム 施設見学(希望者のみ)

※ 希望者のみを対象とするプログラムです。費用はかかりません。
希望される方は,受講申込書にご記入ください。

東京国立博物館正門プラザ
13:50 集合
14:00 概要説明・施設見学
15:00 自由見学(解散)
受講者の声

この4月から館長職に就いておりますが,着任から半年が過ぎたこの時点での研修を受講することができ,大変ありがたく思っております。 当館は今年開館20周年を迎え,記念イベントを実施します。反面,雨漏りや機器の故障等が頻発し,館の大規模修繕を伴うリニューアルが必至なのですが, 県当局の理解がなかなか得られない状況です。そのような中での研修で,博物館運営に関する知識を体系的に得られたことは大きな財産になりましたが, それにもまして全国の館長等にお会いしてそれぞれの悩みや情熱を感じたことが一番の収穫でした。研修で学んだことを糧として,これから館長として マネジメントに全身全霊をかけていく決意をより一層強くしました。

愛媛県総合科学博物館 館長
眞鍋 幸一

7月から現職に就き,業務の全体像を把握し今後どうしていくか思い悩んでいた絶妙なタイミングで研修を知り,今がチャンスと飛び込みました。
 多様な講師の方々の豊富な経験に基づいた講義は説得力があり,「ああそうだったのか」とストーンと腑に落ち,色々なアイディアが湧き,目 の前がパッと明るくなったように感じました。これを機に,今後,課題解決に向かって,様々な「つなぐ」展開ができればと思っています。 就任早々にこのような貴重な話が聞けて,有意義な研修になりました。
 また,意見交換を通じ多くの館長が同じような悩みを抱え,その中で懸命に解決しようと頑張っている姿に,励まされると共に博物館が今後 上向きスパイラルで進んでいくであろう将来像が重なりました。特別プログラムの東博も久しぶりにゆっくり鑑賞させていただき充実の3日間でした。

横浜市こども植物園 園長
早乙女 京子

資料のダウンロード
 実施要項等