社会教育実践研究センター

センターの案内図PDF

〒110-0007
東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-0241
FAX 03-3823-3008

平成26年度博物館学芸員専門講座「地域へのまなざし〜何のための展示か〜」

講義の詳しい内容は各タイトルのリンクをクリックすると見ることができます。

実施要項
趣旨
学芸員として必要な高度かつ専門的な知識・技術に関する研修を行い,都道府県・指定都市等での指導的立場になりうる学芸員としての力量を高める。
平成26年度テーマ
「地域へのまなざし〜何のための展示か〜」
主催
文部科学省
国立教育政策研究所 (社会教育実践研究センター)
協力
公益財団法人日本博物館協会
期間
平成26年12月10日(水)〜12月12日(金) --- 3日間
対象
都道府県・指定都市教育委員会及び関係独立行政法人等が推薦する次の者
  1. 登録博物館,博物館相当施設又は博物館類似施設に勤務する学芸員若しくは同等の職務を行う職員で,勤務経験がおおむね7年以上で指導的立場にある者
  2. 上記(1)と同等の職務を行うと主催者が認めた者
定員
50人
会場
国立教育政策研究所社会教育実践研究センター
〒 110-0007 東京都台東区上野公園12-43
TEL 03-3823-8420 FAX 03-3823-3008

※詳しくは実施要項PDFファイルをご覧ください

プログラム

※プリントアウトされる方はプログラムPDFファイルをご利用ください。

平成26年12月10日(水)|1日目
時間 内容
10:00-10:30 受付
10:30-11:00 開講式・オリエンテーション
11:15-12:45

行政説明 今後の博物館振興方策について

文部科学省生涯学習政策局社会教育課
文化庁文化財部美術学芸課
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30

基調講演 博物館への期待 〜地域貢献という機能に注目して〜

林 良博
国立科学博物館館長
15:30-15:45 休憩
15:45- 17:15

交流プログラム 社研カフェ

社会教育実践研究センター
17:45-19:30 情報交換会
平成26年12月11日(木)|2日目
時間 内容
9:30-11:00

講義 資料の魅せ方について 〜資料の魅力を地域に伝えるための工夫〜

遠藤 秀紀 (PDF/105KB)
東京大学総合研究博物館教授
11:00-11:15 休憩
11:15-12:45

講義 展示と歴史について 〜郷土の今を理解するために〜

石川 直章 (PDF/84KB)
小樽市総合博物館副館長
12:45-14:00 休憩
14:00- 17:15

在外派遣報告 海外の動向と日本での取組について

報告

平泉 千枝 (PDF/185KB)
ふくやま美術館学芸員
池上 直樹 (PDF/141KB)
御船町恐竜博物館主任学芸員
北村 仁美 (PDF/115KB)
東京国立近代美術館主任研究員

進行・説明

文部科学省生涯学習政策局社会教育課博物館振興係
平成26年12月12日(金)|3日目
時間 内容
9:30-12:45

シンポジウム・全体協議 展示と地域との関係を探究する

コーディネーター

半田 昌之
公益財団法人日本博物館協会専務理事

登壇者

鷲田 めるろ
金沢21世紀美術館キュレーター
石田 敏紀 (PDF/172KB)
鳥取県立倉吉西高等学校教諭/前・鳥取県立博物館主幹学芸員
瀬能 宏
神奈川県立生命の星・地球博物館企画普及課長
12:45-14:00 休憩
14:00-15:30

特別講義 地域へのまなざし 〜何のための展示か〜

住友 文彦 (PDF/79KB)
アーツ前橋館長
15:30- 閉講式 (終了予定 15:45)
受講者の声

博物館学芸員講座には初めて参加しました。今回のテーマは「地域へのまなざし〜何のための展示か〜」でしたが、博物館活動をいかに地域に根づかせるかという問題は、本質論をしているだけでは意味がなく、実践あってのものですから、今回の講座を通じて、全国のさまざまな分野の館の方と出会えたこと、そしてその取組を学べたことは、大変大きな収穫でした。
 また規模の大小にかかわらず、どの施設も博物館活動を評価する指標として、入館者数以外のものを模索している状況がよくわかりました。当館でも同様の議論をしているところですが、まだその指標を明確に打ち出せる段階にはありません。しかし、今回のテーマのとおり、その指標は間違いなく私たちの「地域へのまなざし」の中から立てられるべきものでしょう。今後に向けて、よい宿題をいただいたと感じています。
 三日間、ありがとうございました。

公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団 横浜都市発展記念館
主任調査研究員
青木 祐介

地域をテーマに行われた講座では、地域住民との関係をどのように築いていくのか、またその行程を知ることができました。今、学生に必要な事はコミュニケーション能力で、今回の講座出席によりその必要性を痛感させられました。地域との関わり、つまり 人との関わりが重要であり、サブタイトルの「何のための展示か」という、何を求め何をなすべきか、展示する側、展示を見る側双方がいかに理解し合うか、それにより博物館は地域に根ざし、さらなる可能性も出現すると。地域へとまなざしを向け、学生と 共に地域参加を目指して行きたいと思います。新たな学びを与えて下さいました、御担当の方また御講義下さいました先生方に感謝申し上げます。

大妻女子大学博物館 助手・学芸員
鳴瀬 麻子

学芸員専門講座に初めて参加しました。今回のテーマは「地域へのまなざし〜何のための展示か」でした。地域と言うキーワードから見えたのは、個性を大事にすること、地域の持つ特性を見極めることでした。普段から気を付けていると思っていた事柄です が、振り返りの機会となりヒントをたくさんいただきました。
 参加者のほとんどが自治体に所属する学芸員の方々で、私設の歴史系博物館からの参加は極少数でしたが、逆に置かれている状況の差からくる気付きが多くありました。普段であれば知り合う機会がなかったかもしれない方と情報を交換したところ、お互いの 調査と展示に関連性を見つけ、御教示と御協力を仰ぐこともありました。日本全国から参加者が集まっていることの恩恵と思います。今回いただいた気付きとご縁を大切に、日常の業務と地域に還元したいと思っています。
 三日間お世話になった皆様に感謝申し上げます。

公益財団法人キープ協会 ポール・ラッシュ記念館
学芸員・主任
秦 英水子

資料のダウンロード
 実施要項等