国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター 学習コンテンツ

社会教育主事研修〜社会教育法改正と今後の社会教育〜

 この学習コンテンツは、都道府県や市町村の教育委員会事務局等で社会教育行政を担当している皆様に広く活用していただくことを目的に作成しております。

 平成20年6月に社会教育関連三法が改正され、教育委員会の事務に、新たに地域住民等の学習の成果を活用する機会の充実や児童生徒の放課後の居場所づくり、家庭教育に関する情報の提供などが加わったほか、社会教育主事の職務についても、学校が地域住民等の協力を得て教育活動を展開する場合に、求めに応じて必要な助言ができること等が追加されました。このようなことから社会教育行政の果たすべき役割は益々重要になっており、また社会教育指導者の資質向上も喫緊の課題となっております。
本学習コンテンツは、社会教育法等の改正を踏まえ、社会教育主事等の専門性を高める資質・能力を4つのChapterに分けて説明したものです。

Chapter1

講師:東京家政大学教授  山本 和人

パートはじめに
 「学習課題の把握」とは何か、「企画立案能力」とは何か
パートT 「学習課題把握」の意義と必要性
パートU 学習課題を把握する
パートV 学習課題の把握から企画立案へ
パートW 新たな事業創造とその方法
パートまとめとして
Chapter2

講師:香川大学生涯学習教育研究センター長・教授 清國 祐二

パートはじめに
  社会教育におけるコミュニケーション重視の背景
パートT 社会教育におけるコミュニケーション重視の意義
パートU 社会教育で想定されるコミュニケーション場面
パートV コミュニケーション能力を高める手法
パートW コミュニケーションを基礎とした参加体験型学習
パートまとめ
 「動ける関係性」をつくる社会教育
Chapter3

講師:八洲学園大学教授  浅井 経子

パートはじめに
パートT 社会教育におけるコーディネートの必要性
   1 教育委員会以外の行政部門、学校、民間、企業等との連携
   2 学校、家庭、地域の連携
   3 社会教育における学習成果の活用の支援
パートU コーディネート機能の構造
   1 コーディネートの種類
   2 コーディネートの5原則
パートV まとめ
  ―コーディネーターとしての能力―

Chapter4

講師:岡山大学大学院准教授  熊谷 愼之輔

パートはじめに
パートT 社会教育における「幅広い視野と探究心」
パートU 「幅広い視野と探究心」の必要性
パートV 新しい「公共」と「幅広い視野と探究心」
パートまとめとして
 「幅広い視野や探究心」にもとづく学びの質