第2章 各教科

 

第1節 国  語

第1 目 標

 生活に必要な国語の能力を高め,国語を尊重する態度を育てる。

このため,

1 国語によって思考し,理解し表現する能力と態度を養う。

2 国語による理解と表現を通して,知識を身につけ,考えを深め,心情を豊かにする。

3 国語による伝達を効果的にして社会生活を高める能力と態度を養う。

4 言語文化を享受し創造するための基礎的な能力と態度を育てる。

5 国語の特質を理解させ,言語感覚を豊かにし,国語を愛護してその向上を図る態度を養う。

 

第2 各学年の目標および内容 [第1学年]  1 目 標 (1) 正確に聞いたり話したりする能力を身につけさせるとともに,積極的に聞いたり話したりする態度を養う。

(2) 文章を正確に読む能力を身につけさせるとともに,読み物に親しむ態度を養う。

(3) 文章を正確に読む能力を身につけさせるとともに,進んで文章を書く態度を養う。

(4) 文字を正しく整えて書くとともに,速く書くことができるように,書写の能力と態度を養う。

(5) ことばに関する基本的な知識を得させて理解と表現を正確にするようにさせる。

 2 内 容 A 聞くこと,話すこと

(1) 次の事項について指導する。

ア 話を終わりまで聞いて,必要な内容を確実に聞き取ること。

イ ことばづかいと語句の意味に注意しながら,聞いたり話したりすること。

ウ 話し合いの場において,それぞれの発言を注意して聞き,話し合いの方向をとらえること。

エ 相手の問いを正しく聞き取り,要点を落とさずに的確に答えること。

オ 話の主題を明確にし,材料を整え,順序を考えて話すこと。

カ 話し合いを進めるように,適当な機会をとらえ,発言すること。
 

(2) 次の活動を通して,上記( )の事項を指導する。 ア 話し合い,討議・会議に参加したり,司会をしたりする。

イ 発表,報告,説明をしたり,聞いたりする。
 

B 読むこと

() 次の事項について指導する。

ア 文章を読み通し,表現に即して主題や要旨をとらえること。

イ 説明的な文章の要点と事がらを明確にとらえること。

ウ 文章全体の組み立てと筋道がわかること。

エ 文章に書かれているものの見方や考え方をとらえること。

オ 情景や人間の心情の書かれているところを読み味わうこと。

カ 語句の意味を文脈の中で正しくとらえること。

キ 文章の内容を理解して,相手にわかるように朗読すること。
 

() 次の活動を通して,上記レの事項を指導する。 ア 記録・報告,説明,報道などの文章を読む。

イ 詩歌,随筆,物語・小説,伝記,戯曲などを読む。
 

C 書くこと

(5) 作文は,次の事項について指導する。

ア 自分の考えを確かにして,進んで文章を書く態度を身につけること。

イ 場面や経過などがよくわかるように具体的に書くこと。

ウ 目的に応じて,要点を明らかにし,必要な事がらを落とさずに書くこと。

エ 書こうとする事がらと考えをまとめて,主題や要旨のはっきりわかる文章を書くこと。

オ 構想を立てて全体の組み立てを考え,段落に分けて文章を書くこと。

カ 文脈に即して,語句を適切に使い分けて文章を書くこと。

キ 表記のしかたに注意し,くぎり符号などを適切に使うこと。

ク 書いた文章を読み返し,表現を確かめて,文章をよりよくする態度を身につけること。
 

(6) 書写は,次の事項について指導する。 ア 硬筆と毛筆による書写の能力を高め,文字の書き方を理解し,形を整えて書くこと。

イ 文字の大きさと配置に気をつけて書くこと。

ウ やさしい行書の基礎的な書き方を理解して書くこと。
 

(7) 次の活動を通して,上通(1),(2)の事項を指導する。 ア 日記,手紙を書く。

イ 記録・報告,説明などの文章を書く。

ウ 感想,感動などを文章に書き表す。

エ かなおよび漢字の偕書を書く。

オ やさしい行書を書く。
 

D ことばに関する事項

(1) 次の事項について指導する。

ア 文章の中の意味の切れ目と続き方に注意し,文章の組み立てを考えて,理解し表現すること。

イ 文の中の意味の切れ目と続き方に注意し,文の組み立てを考えて,理解し表現すること。

ウ 語句の意味と用法を確実にとらえて,理解し表現すること。
 

(2) 上記(1)の指導に当たっては,次の事項を埋解させるようにする。 ア 文章の組み立て

  文章全体における段落の役割,段落と段落との接続関係,文と文との接続関係など。

イ 文の組み立て

  文の中における語句のはたらき,文の成分の順序・照応,文末の表現,抑場など。

ウ 語句の用法

  語句の組み立て,単語の類別,活用,指示する語句,助詞・助動詞・接続詞およびこれらと同じようなはたらきをもつ語句のはたらきなど。

エ 語句の辞書的な意味と文脈上の意味との関係,同義語の使い分け,敬語の使い方など。

オ 話しことばと書きことばとの関係,共通と方言との関係など。

カ 音声と文字,表記のしかたなど。 

 3 内容の取り扱い (1) 内容のBおよびCにおける漢字の指は,次のとおりとする。 ア 当用漢字別表の漢字および小学校学習指動要領第2章第1節国語の学年別漢字配当表の欄考に示す漢字(以下この節において「備考の漢字」という。)の読みに慣れ,さらにその他の当用漢字を250字ぐらいから350字ぐらいまで読むこと。

イ 当用漢字別表の漢字および備考の漢字のうち,900字程度の漢字を書くこと。なお,それ以外に上記アで学習した当用漢字についても,必要な場合,適切に用いるように努めること。
 

(2) 内容のAの(1)の指導に当たっては,次の事項の指導も配慮する必要がある。 ア 相手を尊重しつつ,進んで話し合いに参加すること。

イ 話題を広く求め,場に適切な材料を用いて話すこと。

ウ 改まった場で,応対をし発言をすること。

エ 朗読をしたり,聞いたりすること。
 

(3) 内容のBの(1)の指導に当たっては,次の事項の指導も配慮する必要がある。 ア 読書に興味をもち,読み物に親しみ,楽しんで読むこと。

イ 知識を求め思考力や心情を養うための読み物を,広い範囲の中から選んで読む態度を養うこと。

ウ 調べるために辞書,参考資料などを利用すること。

 

[第2学年]
 1 目 標 (1) 聞いたり話したりする能力を高めるとともに,内容をまとめながら聞いたり話したりする態度を養う。

(2) 文章を読む能力を高めるとともに,選択して読書し,考えたり味わったりする態度を養う。

(3) 文章を書く能力を高めるとともに,表現をくふうして書く態度を養う。

(4) 目的や必要に応じて文字を正しく,美しく,速く書く能力と態度を養う。

(5) ことばに関する知識を深めて理解と表現を的確にするようにさせるとともに,国語の特質について気づかせる。

 2 内 容 A 聞くこと,話すこと

(1) 次の事項について指導する。

ア 話の中心の部分と付加的な部分とを聞き分け,話の主題を聞き取ること。

イ 効果的なことばづかいと語句の意味に注意しながら,聞いたり話したりすること。

ウ 話し合いの場において,それぞれの発言の共通点と,相違点とを聞き分けること。

エ 事実と意見とを区別して,聞いたり話したりすること。

オ 話の主題を明確にし,確かな根拠によって,筋道を立てて話すこと。

カ 討議・会議の進行にそって,話し合いを深めるように発言すること。
 

(2) 次の活動を通して,上記(1)の事項を指導する。 ア 話し合い,討議・会議に参加したり,司会をしたりする。

イ 発表,報告,説明をしたり,聞いたりする。
 

B 読むこと

(1) 次の事項について指導する。

ア 文章の展開を考え,主題や要旨を確実にとらえること。

イ 説明的な文章の内容を正確にとらえ,要約すること。

ウ 文章の論理的な組み立てに注意し,中心の部分と付加的な部分とを読み分けること。

エ 文章から読み取った内容について考え,ものの見方や考え方を深めること。

オ 自然や人物の描写などに注意して,表現を読み味わうこと。

カ 語句の意味や語感を文脈の中で正しくとらえること。

キ 文章の味わい方を深めるために,作品の形態に応じて朗読すること。
 

(2) 次の活動を通して,上記(1)の事項を指導する。 ア 記録・報告,説明,報道などの文章を読む。

イ 論説などの文章を読む。

ウ 詩歌,随筆,物語・小説,伝記,戯曲などを読む。
 

C 書くこと

(1) 作文は,次の事項について指導する。

ア ものの見方や考え方を広くし,自分の考えを大事にして文章を書く態度を身につけること。

イ 事実と意見とを区別し,材料を整えて,文章を正確に書くこと。

ウ 中心の部分と付加的な部分とに注意して,主題や要旨のはっきりわかる文章を書くこと。

エ それぞれの段落の役割を考え,全体の組み立てを整えて文章を書くこと。

オ 語句を豊かにし,文脈にふさわしい語句を選んで文章を書くこと。

カ 表記のしかたに慣れ,くぎり符号などを適切に使うこと。

キ 書いた文章を読み返し,目的に応じた効果的な表現をくふうする態度を身につけること。
 

(2) 書写は,次の事項について指導する。 ア 目的に応じて,適切な用具を選び,文字の大きさと配置などを判断して効果的に書くこと。

イ やさしい行書の書き方を理解して書くこと。
 

(3) 次の活動を通して,上記(1),(2)の事項を指導する。 ア 記録・報告,説明などの文章を書く。

イ 感想,感動などを文章に書き表わす。

ウ 意見・主張などを文章に書く。

エ かなおよび漢字の書ややさしい行書を書く。
 

D ことばに関する事項

(1) 次の事項について指導する。

ア 文章の中の意味の切れ目と続き方に注意し,文章の組み立てを考えて,理解し表現すること。

イ 文の中の意味の切れ目と続き方に注意し,文の組み立てを考えて,理解し表現すること。

ウ 語句の意味と用法を確実にとらえて,理解し表現すること。

エ 国語の特質について気づくこと。
 

(2) 上記(1)の指導に当たっては,第1学年の内容のDの(2)と同じ事項を理解させるようにする。
 3 内容の取り扱い (1) 内容のBおよびCにおける漢字の指導は,次のとおりとする。 ア 第1学年で学習した当用漢字の読みに慣れ,さらにその他の当用漢字を300字ぐらいから400字ぐらいまで読むこと。

イ 当用漢字別表の漢字および備考の漢字を主として,1,000字程度の当用漢字を書くこと。なお,それ以外に上記アで学習した当用漢字についても,必要な場合,適切に用いるように努めること。
 

(2) 内容のAの(1)の指導に当たっては,次の事項の指導も配慮する必要がある。 ア 自分の感情に支配されないで,正しく聞き取り,落ち着いた態度で養うこと。

イ 話題を広く求めるとともに,確かな材料とはっきりした根拠に基づく責任ある話をすること。

ウ 改まった場での応対と発言に慣れること。

エ 朗読をしたり,聞いたりすること。
 

(3) 内容のBの(1)の指導に当たっては,次の事項の指導も配慮する必要がある。 ア 読み物の内容を考えながら読み,全体を読み通す態度を養うこと。

イ 文学作品や論説などの読み物をよく選んで,深く読む態度を身につけること。

ウ 目的に応じて辞書,参考資料,新聞などを利用すること。

 

[第3学年]
 1 目 標 (1) 目的や場に応じて適切に聞いたり話したりする能力を養うとともに,それを生活に役だてる態度を身につけさせる。

(2) 目的や形態に応じて文章を読む能力を養うとともに,読書の態度と習慣を身につけさせる。

(3) 目的や形態に応じて文章を書く能力を養うとともに,それを生活に役だてる態度を身につけさせる。

(4) 書写の能力と態度を身につけさせ,書写された文字について理解と関心をもたせる。

(5) ことばに関する知識を整理して理解と表現をさらに的確にするようにさせるとともに,国語の特質について理解させる。

 2 内 容 A 聞くこと,話すこと

(1) 次の事項について指導する。

ア 話す人の意見をその根拠を考えながら聞き,自分の考えをもつこと。

イ 話の筋とことばづかいなどに注意し,話す人の真意を確実に聞き取ること。

ウ 話し合いの場において,意見の展開を整理しながら聞き,話し合いの方向をとらえること。

エ 話の主題を明確にし,相手と時と場所に応じて,話の組み立て,ことばづかい,速度などをくふうして話すこと。

オ 討議・会議をまとめるために,効果的に発言すること。
 

(2) 次の活動を通して,上記( )の事項を指導する。 ア 話し合い,討議・会議に参加し,また,司会をする。

イ 発表,報告,説明をしたり,聞いたりする。

B 読むこと (1) 次の事項について指導する。 ア 文章の主題や要旨をとらえ,それについて自分の考えをもつこと。

イ 説明的な文章を読んで,その内容を速く正確にとらえること。

ウ 文章の論理的な組み立てを的確に読み取ること。

エ 作者の意図が表現の上にどのように生かされているかを読み取ること。

オ 詩歌や文章を読んで,自然,人生などについて考え,まとまった感想をもつこと。

カ 語句の使い方や文体の特徴に注意して読むこと。

キ 文章の味わい方を深めるために,作品の特徴を生かして朗読すること。
 

(2) 次の活動を通して,上記(1)事項を指導する。 ア 記録・報告,説明,報道などの文章を読む。

イ 論説・評論などの文章を読む。

ウ 詩歌,随筆,物語・小説,伝記,戯曲などを読む。
 

C 書くこと

(1) 作文は,次の事項について指導する。

ア ものの見方や考え方を深め,自分の考えをまとめて文章を書く態度を身につけること。

イ はっきりした根拠のある材料を用いて,事実や意見を正確に書くこと。

ウ 論旨をいくつがの論点に分け,適切な組み立てによって文章を書くこと。

エ 目的や必要に応じて,それにふさわしい形態で書くこと。

オ 表現の効果を考え,語句の使い方をくふうして,文章を書くこと。

カ 表記のしかたに慣れ,くぎり符号などを適切に使うこと。

キ よい文章の条件を考えて文章をよりよくする態度と習慣を身につけること。
 

(2) 書写は,次の事項について指導する。 ア 硬筆と毛筆のそれぞれの特質を生かし,書式に従って正しく書くこと。

イ 書写された文字に対する理解と関心をもつこと。
 

(3) 次の活動を通して,上記(1),(2)の事項を指導する。 ア 記録・報告,説明などの文章を書く。

イ 感想,感動などを文章に書き表わす。

ウ 意見・主張などを文章に書く。

エ かなおよび漢字の楷書ややさしい行書を書く。

オ 書写された文字を鑑賞する。
 

D ことばに関する事項

(1) 次の事項について指導する。

ア 文章の中の意味の切れ目と続き方に注意し,文章の組み立てを考えて,理解し表現すること。

イ 文の中の意味の切れ目と続き方に注意し,文の組み立てを考えて,理解し表現すること。

ウ 語句の意味と用法を確実にとらえて,理解し表現すること。

エ 国語の特質について理解すること。
 

(2) 上記(1)の指導に当たっては,第1学年の内容のDの(2)と同じ事項を理解させるようにする。
 3 内容の取り扱い (1) 内容のBおよびCにおける漢字の指導は,次のとおりとする。 ア 第2学年までに学習した当用漢字の読みに慣れるとともに,その他の当用漢字を読むこと。

イ 当用漢字別麦の漢字,および備考の漢字を主として,1,000字程度の当用漢字を使いこなすこと。なお,それ以外に上記アで学習した当用漢字も,必要な場合,適切に用いるように努めること。
 

(2) 内容のAの(1)の指導に当たっては,次の事項の指導も配慮する必要がある。  
ア 自分の感情や周囲の状況に支配されないで,落ち着いた態度で話すこと。

イ 場にふさわしい話題を選び,適切な材料で裏づけて話すこと。

ウ 改まった場での応対と発書に慣れること。

エ 朗読をしたり,聞いたりすること。
 

(3) 内容のBの(1)の指導に当たっては,次の事項の指導も配慮する必要がある。 ア 文章の内容をよく読み取って適切な批判ができるようになること。

イ 文学作品や論説などの読み物を読み,自然,人生,社会などに関する問題を考えていく態度を身につけること。

ウ 辞書,参考資料,新聞などの利用に慣れること。

 

第3 指導計画の作成と各学年にわたる内容の取り扱い 1 第2の各学年の内容のAおよびCに充てる授業時数の国語の授業時数に対する割合は,次のとおりとする。 (1) Aについては,各学年10分の1程度とすること。

(2) Cのうち,作文については,各学年10分の2程度とすること。

(3) Cのうち,書写については,第1学年は10分の2程度,第2学年は10分の1程度とすること。なお,第3学年は適宜計画的に指導すること。
 

2 指導計画の作成に当たっては,第2の各学年の内容のA,B,CおよびDについて相互に密接な関連を図り,効果的に指導するように配慮するものとする。また,他の教科,道徳および特別活動ともよく関連を図ることが必要である。

3 第2の各学年の内容のAの指導に当たっては,次の事項に留意するものとする。

(1) 音声言語による教材を活用して,学習の効果があがるようにすること。

(2) 共通語については,適切に話すことができるようにすること。

(3) 聴覚,音声,言語に障害のある生徒については,その障害の状態に応じて指導するようにすること。
 

4 第2の各学年の内容のBの(2)の指導に当たっては,次の事項に留意するものとする。 (1) 教材は,生徒の必要と興味と能力を考慮して,適切にして価値のあるものを用い,かたよらないようにすること。その際,思考力を伸ばす,心情を豊かにする,表現力を養う,文化や風土を理解する,国語の特質について理解するなどを観点として,生徒の発達段階に応じて選ぶようにすること。

(2) 教材には,古典に関するものを含めること。なお,翻訳作品を含めることを考慮すること。

(3) 古典の指導については,古典に対する関心を深め,古典として価値のある古文と漢文を理解する基礎を養うようにすること。その教材としては,古典に関心をもたせるように書いた文章,短くてやさしい文語文や格言・故事成語,および基本的な古典を適宜用いるようにすること。その際,原文は親しみやすく平易なものを選ぶようにし,それをよく理解させるために,現代語訳や注釈をつけ,漢文においては書き下し文を併用するなどくふうするようにすること。なお,文語や訓点のきまりについては,教材を読むのに必要があれば触れる程度にとどめること。
 

5 第2の各学年の内容のDの(1)の指導に当たっては,(2)に示された事項の理解を確かにして,開くこと,話すこと,読むこと,書くことの具体的な活動において応用することができるようにする。なお,それらの事項を取り扱うに当たっては,細部にこだわったり,形式的になったりしないようにする。