第6節 芸   術

 

第1款 目   標

1 芸術の学習経験を通して,創造性に富む個性豊かな人間の形成を目ざす。

2 芸術の学習経験を通して,美的感覚を洗練し,芸術的な表現力と鑑賞力とを養うとともに,情操の純化を図る。

3 芸術の学習経験を通して,個人生活や社会生活をるく豊かにする実践的な態度や能力を養う。

4 芸術が,人間性の円満な発達や文化の調和的発展に欠くことのできないものであることを理解させるとともに,国際間の理解や親善に,芸術の果たす役割についても認識させる。

 以上の目標の各項目は,相互に密接な関連をもって,全体として「芸術」の目標をなすものであり,「芸術」の各科目の目標のもととなるものである。指導にあたっては,各科目の目標とともに,教科の目標の達成に努めなければならない。

第2款 各 科 目

第1 音 楽

 1 目 標

(1) 聴覚,視覚,振動感覚およびその他の感覚を通して音楽経験を深めながら,音楽的感覚を養い,美的情操を高める。

(2) 音楽を表現する楽しさと喜びを経験させるとともに表現する能力を伸ばす。

(3) 聴覚利用を通して,わが国および世界のよい音楽に親しませ,鑑賞能力を高める。

(4) 音楽の学習経験を通して得た音楽的教養を実生活に生かし,うるおいのある豊かな生活を営む態度や習慣を育てる。

 2 内 容 (1)  身体表現 ア 強弱や速度に対する感覚を伸ばす。

イ 基礎リズムを表現する能力を伸ばす。

ウ 拍子感を伸ばす。

エ フレーズ感を身につける。

オ 即興的なリズム表現の能力を伸ばす。

(2)  器 楽 ア 楽しく演奏する態度を養う。

イ 楽器を演奏する技能を高める。

ウ 合奏の能力を高める。

(3)  歌 唱 ア 楽しく歌う態度を養う。

イ 歌唱技能を高める

ウ 読譜および記譜の能力を伸ばす。

エ 愛唱歌をふやす。

(4)  聴覚利用・鑑賞 ア 楽しく聞く態度を養う。

イ 静かに注意深く,しかも想像豊かに聞く習慣を養う。

ウ 楽器の種類とその特徴を理解させる。

エ 音楽の種類および演奏形態について理解させる。

オ 愛好曲をふやす。

(5)  音楽理論,音楽史 ア 楽典や平易な和声および楽式などについて理解させる。

イ わが国および世界の音楽の流れについて理解させる。

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 音楽の目標を達成するには,各領域は相互に関連させ,その指導にあたっては,統合的に行なう。

(2) 指導計画を作成するにあたって基礎的な能力や技能に関するものは,各学年を通して系統的かつ累積的に指導する。

(3) 指導にあたっては,知的理解や技能の指導に片寄ることなく,感覚や身体表現を通して豊かな音楽経験をさせる。

(4) 指導にあたっては,視聴覚教材等を出来るだけ活用する。

(5) 能力差に即して実情に応じた指導が望ましい。

(6) 聴覚利用については,第1学年においてはすべての生徒に履修させ,第2,3学年においてもこれに準ずることが望ましい。

第2 美 術

 1 目 標

(1) 絵画,彫刻,デザインなどの学習経験を通して,創作の喜びを味わわせ,創造的な表現能力を養う。

(2) すぐれた美術作品に親しませて,美術的な鑑賞能力を養う。

(3) 美術の学習経験を通して,情操を豊かにするとともに,美術的な能力を生活に生かす態度や習慣を養う。

(4) わが国および諸外国の美術の伝統や動向を理解させ,美術文化を愛好し尊重する態度を養う。

 2 内 容  以下に示す「美術」の内容は,2単位を標準とし,美術に関する科目をはじめて履修する際に取り扱うことを前提として作成したものである。

A 表 現

(絵 画)

 個性に基づく美的な表現の体験を積み,楽しく芸術的に創造する能力を養う。

(1) 具象的絵画

 対象に美しさを見いだし,その感動に基づいて対象を率直に表現させたり,また,構想に基づいて具象的に表現させたりする。

ア 表現題材は,身近な対象から選ぶものとする。

イ 表現材料は,素描材料,彩画材料その他から適宜選ぶものとする。

ウ 表現方法は,題材や表現の意図に応じて表現材料を活用し,表現の効果が得られるようにくふうさせる。

(2) 非具象的絵画  自己の心象を,非具象的に色や形などによって自由に表現させる。

 表現は,抽象的な表現を主体とし,表現材料は,素描材料,彩画材料その他から適宜選ぶものとする。

(3) 上記(1)および(2)の絵画の制作にあたっては,形体,色彩,材質などを平面的に処理することに慣れ,これによって自己の感情や考えを表現できるようにするため,特に次の事項を指導する。 ア 形体――外観のみでなく,組成についても考察すること。

イ 色彩――外界に見られる色,絵に表わす色などについて理解すること。

ウ 材質――材質感の相違を描き出すこと。

エ 技法――描画材料の特質を生かすこと。

(彫 刻)

 個性に基づく創造的な表現能力を養い,制作を通して立体についての表現の楽しさを味わわせ理解を得させる。

(1) 具象的彫刻

 身近な自然の対象に立体的な美しさを見いだし,その感動を率直に表現させる。

ア 表現題材は,身近な人物,動物などから適宜選ぶものとする。

イ 表現材料は,粘土,木,石,紙その他から適宜選ぶものとする。

ウ 表現方法は,モデルを使ったり,スケッチまたは記憶により,対象をすなおにまる彫り,浮き彫りなどの形式によって写実的に表現する。

 粘土を使用した場合は,素焼きや,石こうどりするのもよい。

(2) 非具象的彫刻  抽象形体による立体や構成などの基礎的な表現を主とする。

 表現は,抽象形体を基礎にし,表現材料は,粘土,木,石,金属,紙その他から適宜選ぶものとする。

(3) 上記(1)および(2)の彫刻の制作にあたっては,かたまり,面,量,質などについて,次の事項を指導する。 ア かたまり――立体をかたまりとして見ること。

イ 面――面によって,かたまりの形にまとまりを与えること。

ウ 量――かたまりを量感でとらえること。

エ 質――表現に適した材質を選ぶこと。

(デザイン)

 用に関するいろいろな条件を考えて,構想を美的かつ創造的に表現する能力を養うとともに,その基礎としての形体,色彩,材質などによる構成により,造形的感覚を訓練する。

(1) 構 成

 適切な方法と材料などにより,次の基礎的な学習を通して,形体,色彩,材質などの構成力を養う。

ア 配 色

 色相,明度および彩度をもとにした配色を通して,調和の感覚を高めるとともに,配色効果を自由に表現できるようにさせる。 イ 形の構成  自然や人工の形の観察や抽象形をもとにした学習を通して,形や形の構成の美しさを経験させる。 ウ 技法や材料についての研究  いろいろな表現の技法をくふうし,また,材料の持つそれぞれの特質を研究し,これを用いて各種の表現を試みさせる。
(2) デザイン  視覚的な効果を主とする物の中から適宜選んで,次の事項を指導する。

ア 構 想

 デザインする物の諸条件を考えて,創造的な構想をまとめるようにさせる。 イ 制 作  構想を的確に表わす能力を得させるようにする。
B 鑑 賞 (1) 美術の鑑賞  作品に接して,その作品の美しさをすなおに味わわせる。また,作者の精神にふれさせたり,造形的にも考察させる。

ア 絵 画

イ 彫 刻

ウ 建築,工芸など

(2) 美術常識  美術の人生に対する意義や価値に関心をもたせるとともに,美術の表現や鑑賞の活動を進めるのに必要な美的構成などについて理解させる。

ア 美術と生活

(ア) 個人生活と美術

(イ) 美術鑑賞の態度

(ウ) 美術品の保護活用

イ 美的構成 (ア) 色 彩

(イ) 形 体

(ウ) 材 料

(エ) 美の構成要素

(3) 美術変遷の概要  近代美術の動向に関心をもたせ,また,この観点から日本美術,および西洋美術の変遷の概要についても指導する。
 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 内容は,表現および鑑賞の二つの領域に大別し,表現はさらに,絵画,彫刻およびデザインの三つに分けてある。指導計画の作成や指導にあたっては,それぞれの特性を生かすとともに,相互の有機的な関連を図るようにする。

(2) 絵画,彫刻およびデザインの指導においては,造形の美的な基礎となる要素を,表現の指導と関連づけて扱い,効果があがるようにする。

(3) 鑑賞の指導における造形的な考察を,表現に役だたせるようにする。

(4) 必要に応じて共同制作なども課し,学習効果をあげるようにする。

(5) 指導する事項や指導法については,教師の興味に片寄ることなく,多面的な生徒の必要や要求に応ずるようにくふうする。

(6) 指導を有効に進めるためには,美術に関する各種の立体的造形品,図版,スライドなどの資料を精選し,これらを効果的に活用することが望ましい。

(7) 美術館,博物館,美術展覧会などを適宜利用するようにすることが望ましい。

第3 工 芸

 1 目 標

(1) 工芸の学習経験を通して,創作の喜びを味わわせる。

(2) 造形的な思考力と感覚の統合によって,物をつくりあげる創造的な能力を養う。

(3) 工芸の学習経験を通して,工芸,建築などに対する批判,鑑賞の能力を養う。

(4) 工芸の学習経験を通して,生活を造形的な面からくふう改善し,明るく豊かにする実践的態度を養う。

(5) 工芸,建築文化の伝統や動向を理解し,これを愛好し尊重する態度を養う。

 2 内  容  以下に示す「工芸」の内容は,2単位を標準とし,工芸に関する科目をはじめて履修する際に取り扱うことを前提として作成したものである。

A デザインの基礎練習

 工芸的デザインの特質を考慮して,その要因と表示に関する基礎事項を計画的に学習させる。

(1) 美的構成

 美的構成に必要な形体,色彩,材質などの諸要素の感覚を訓練し,構成力を養う。

ア 自然や人工物における形体の観察と発見

イ 美的構成

 配  色

 形の構成

 材質の構成

(2) 材料と構造  材料の持つ特性を研究し,その造形的な可能性を見いだす態度を養う。

ア 材料

 材料の形状や材質を生かした造形的可能性の発見 イ 構造  材料の成形や組み合わせによる構造
(3) 表示  構想を的確に表示する能力の基礎を養う。

ア スケッチ,製図など

イ 模型その他の立体など

B デザインと製作  創造的な構想に基づき,用途,材料,製作法,美感などの立場から,総合的に計画し,表示する能力と製作する能力を養う。

(1) 視覚的効果を主とするもの

 以下に示す物の中から適宜選んで,デザインして製作させる。

ア 展示,包装,広告など

イ 器物,室内調度品,服飾品など

(2) 機能的効果を主とするもの  以下に示す物の中から適宜選んで,デザインさせ,またはデザインして製作させる。

ア 家庭,学校その他身近な器物家具など

イ 建造物

 遊具,住宅など ウ 機構的なもの  がん具,日用器具,交通機関など
(3) 上記(1)および(2)による製作に際しては,次の事項を指導する。 ア 材料

イ 加工法

ウ 用具,機械の扱い方

C 批判・鑑賞  作品に即して,工芸,建築に対する批判,鑑賞させ,造形的な思考力と美的感受性を養う。

(1) 批判・鑑賞の対象

ア 生徒作品,身近な造形品

イ 量産による工芸品

ウ 機械や建造物

(2) 上記(1)の扱いにおいては,次の観点から指導する。 ア 工芸,建築の用途,材料,構造,製作過程,審美性,経済性などの要因とその融合

イ 工芸,建築と生活との関係

ウ 時代の動きと作品との関係

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 内容は,デザインの基礎練習,デザインと製作,批判,鑑賞の三つの領域に分けてある。指導計画の作成や指導にあたっては,それぞれの特質を生かすとともに,相互の有機的な関連を図るようにする。

(2) 創作活動を主体にする指導においては,生徒の着想を尊重し,その構想を実現させるため,教師は適切な助言をする。

(3) デザインと製作は一貫して行なうことをたてまえとするが内容によっては,デザインとその表示に終わるものがあってよい。

 なお,デザインと製作の指導に際しては,次の点に留意する。

ア 題材については,生徒の興味と理解の程度を考え,身近な生活環境から選択すること。

イ 製作完成するものについては,材料は入手しやすく,加工のあまり困難でないものであること。

ウ 製作に際して使用する工具,機械などは,生徒の能力に応ずるものであること。

(4) 指導する事項や指導法については,次の点を考慮する。 ア 教師の興味に片寄ることなく,多面的な生徒の必要や要求に応ずるようにくふうすること。

イ 絶えず新しい科学技術や芸術の動向に留意して,研究し改善するようにすること。

(5) 必要に応じて共同製作なども課し,学習効果をあげるようにする。

(6) 環境を整備し,安全,清潔,あとかたづけなどに留意し,事故の防止に努めることが必要である。

(7) 指導を有効に進めるためには,工芸に関する各種の造形品,図版,スライドなどの資料を精選し,これらを効果的に活用することが望ましい。

(8) 環境に関心をもつように心がけ,また,工芸に関する施設,工場,展覧会,美術館などを適宜利用するようにすることが望ましい。

第4 書 道

 1 目 標

(1) 書写能力を高め,書の表現力を養い,創作する喜びを得させる。

(2) すぐれた書に親しませ,書の鑑賞力を養う。

(3) 書の理論および伝統や動向を理解し,書を愛好するとともに,その発展に努めようとする態度を養う。

(4) 書の表現,鑑賞および理解を通して,美的感覚を洗練し,芸術文化に対する理解を深め,うるおいのある生活を営む態度や能力を養う。

 2 内 容  以下に示す「書道」の内容は,2単位を標準とし,書道に関する科目をはじめて履修する際に取り扱うことを前提として作成したものである。

A 表 現

(1) 感興や用途に応じる表現ができるようにする。

(2) 表現を容易にし,より効果的にするため,創作や臨書をさせる。

(3) 次の事項について,表現の理法や技術を習得させる。

ア 全体のまとめ方 (ア) 文字の選び方

(イ) 文字の大きさ,太さ

(ウ) 字くばり

(エ) 字間,行間,紙面などの余白

(オ) 墨の濃淡,墨の潤渇

(カ) 律  動

(キ) 調  和

(ク) 統  一

イ 字形のとり方 (ア) 均  斎(せい)

(イ) 均  衡

(ウ) 墨の濃淡,墨の潤渇

(エ) 脈  

(オ) 律  

ウ 点や線の書き方 (ア) 用筆,運筆

(イ) 用具用材と線質との関係

(ウ) 方向,長短,曲直,細太,律動

(エ) 墨の濃淡,墨の潤渇

(4) 主として表現の学習を通して,書の特質と現代的意義など,書についての基礎的な理解を得させる。
B 鑑 賞 (1) 書の美について,次の着眼点などから,味わうようにする。 ア 書の性情を,直観的に,気品,明暗,強弱などの着眼点から味わう。

イ 全体の構成美を,調和,変化と統一,律動などの着眼点から味わう。

ウ 文字の形体美を,均斎,均衡,律動などの着眼点から味わう。

エ 線美を,強さ,深さ,曲直,細太,律動などの着眼点から味わう。

オ 墨色美を,濃淡,潤渇などの着眼点から味わう。

(2) 書の美について,上記(1)の着眼点などから,総合的に味わうようにする。

(3) 主として鑑賞の学習を通して,次の事項について,理解を得させる。

ア 書体の種類とその現代的意義

イ おもな書風とその現代的意義

ウ かなの成立と特性

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 表現や鑑賞のいずれにも片寄ることなく,両者を常に関連させて,指導を有機的,効果的にすることがたいせつである。

(2) 教材は,現代の書あるいは古名跡のいずれにも片寄ることなく,目的に応じて精選して,利用するようにする。

(3) 臨書の教材は,現代の書ならびに古名跡の代表的な楷(かい)書,行書,草書およびかなとし,平易な隷(れい)書を加えてもよい。

(4) 用具は,毛筆だけに限ることなく,目的や用途に応じて広く硬筆その他を取り上げるように考慮する。

(5) 臨書と創作,現代の書と古名跡,芸術作品と実用文書などの指導の比重は,目的に応じて適切にする。