第14節 美   術

 

第1款 目   標

1 美術の学習経験を通して,美的体験を豊かにし,基本的な感覚を洗練し,創造的な表現と鑑賞の能力を高める。

2 造形的な立場から,社会環境の改善向上に寄与する態度と能力を養う。

3 美術文化の伝統や動向を理解し,美術文化の発展に寄与する態度や能力を養う。

第2款 各 科 目

第1 美 術 理 論

 1 目 標

 造形における基本となる原理を理解させるとともに,これを表現に役だたせ,創造的な表現の基礎的能力を高める。  2 内 容 (1) 形 体 ア 基本形体

イ 鉱 物

ウ 植 物

エ 動 物

オ 人 体

(2) 色 彩 ア 色の三要素

イ 色彩の感情と機能

ウ 色彩の混合

エ 色彩の調和

オ 色彩設計

(3) 材 料 ア 材料の性質

イ 材料の特性

(4) 構 成 ア 美の構成要素

イ 構造と機能

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項  指導にあたっては,講義のみに終ることなく,できるだけ具体的な作品や資料を利用し,その効果があがるようにする。 第2 美 術 史

 1 目 標

 美術の変遷の理解を通して,美術的な鑑賞力を高め,創造的な表現力の向上に役だたせるとともに,美術の人生や社会における意義や価値を理解し,美術文化の向上発展に寄与する態度を養う。  2 内 容 (1) 日本美術

(2) 東洋美術

(3) 西洋美術

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 内容に示した(1),(2)および(3)の領域の扱いについては,いずれかに重点をおいてもよい。

 この際,いずれの取り扱いにおいても,世界的な視野から日本美術の伝統や動向を理解させるように留意する。

(2) 指導にあたっては,できるだけ具体的な作品や資料を利用し,効果をあげるようにする。

第3 素 描

 1 目 標

 造形の基本となる形体や空間をはあくし,対象の的確な観察力や,構成力を養うとともに,創造的な表現能力を高める。  2 内 容 (1) 鉛 筆 画

(2) 木 炭 画

(3) 鑑 賞

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 表現の指導にあたっては,次の事項に留意し,表現の効果があがるようにする。 ア 形,質,量(点,線,面,方向,大きさ,形体,明暗,地はだなど)

イ 均衡,安定,比例,強調,律動,動勢,調和など

ウ 部分と全体との関係など

(2) 表現の指導にあたっては,絶えず対象のはあく,表現の方法および効果の吟味を考慮して,表現の効果があがるようにする。

(3) 素描的表現に適する各種の材料を扱い,常に新たなくふうや創造をするように努めさせる。

(4) 鑑賞の指導においては,素描的はあくができるような効果的な作品などを選び,これをいろいろな角度から扱い,表現力や鑑賞力が高められるようにする。

第4 基 本 造 形

 1 目 標

 造形の基本となる諸要素について感覚を養い,創造的な構成力を高める。  2 内 容 (1) 平面構成  平面構成に必要な形体,色彩,材質などの構成

ア 構成による色彩効果

イ 構成による感情効果

ウ 構成による空間感

(2) 立体構成  立体や空間の感覚および材料,構造,技術の体験や理解

ア 材料と技術

イ 構造と機能

ウ 立体と空間

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 「彩画」,「彫刻」,「デザインA」,「デザインB」などの科目との関連を図り,指導の効果があがるようにする。

(2) 指導する事項や指導法については,絶えず新しい科学技術や芸術の動向に留意して,研究し改善するようにする。

第5 彩 画

 1 目 標

 彩画による表現技術を通して,創造的な表現や鑑賞の能力を高める。  2 内 容 (1) 水 彩 画

(2) 油 彩 画

(3) 鑑 賞

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 表現の指導にあたっては,次の事項に留意し,表現の効果があがるようにする。 ア 形,色,質,量(点,線,面,方向,大きさ,形体,色価など)

イ 均衡,安定,比例,強調,律動,動勢,調和など

ウ 部分と全体との関係など

(2) 日本画の形式による表現に必要な用具と材料に対する理解を得させるとともに,その扱いに慣れ,表現の効果があがるようにする。

(3) 鑑賞の指導においては,作品や作者の精神にふれさせるとともに,造形的に考察させて,創造的な表現力の向上に役だたせるようにする。

(4) 「美術理論」,「美術史」,「素描」,「基本造形」などの科目との関連を図り,指導の効果があがるようにする。

第6 版 画

 1 目 標

 各種の版画の表現形式,技法を理解し,版形式による表現の美しさを表現する能力や,それを鑑賞する能力を高める。  2 内 容 A 表 現 (1) 木 版 画

(2) 銅 版 画

(3) ドライポイント

(4) 石 版 画

(5) その他

B 鑑 賞  生徒作品,名作など
 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 版形式と印刷材料などとの関係により,版画に各種の形式があることを理解させ,表現の目的に適した方法により表現するようにくふうさせる。

(2) 版画の指導と関連して,印刷技術やその効果に対する常識を得させるようにする。

(3) 版画の学習に関連のある他の科目との関連にも留意し,指導の効果があがるようにする。

第7 彫 刻

 1 目 標

 立体についての理解を得させ,立体による表現の基礎の能力を養うとともに,創造的な表現能力を深める。  2 内 容 A 表 現 (1) 写生による表現

(2) 構想による表現

B 鑑 賞  生徒作品,名作など
 3 指導計画の作成および指導上の留意事頂 (1) 表現の指導にあたっては,次の事項に留意し,表現の効果があがるようにする。 ア 空間――立体と空間との関係を理解すること。

イ 大きさ――作品の大きさと表現材料および表現形式の関係に留意すること。

ウ かたまり――かたまりの密度と量感との関係に留意すること。

エ 面――個々のかたまりに大きな面としての統一を与えること。

オ 質――質感の表現に留意すること。

カ 動勢――かたまりのつながる方向と面の傾斜に留意すること。

(2) 鑑賞の指導にあたっては,作品や作者の精神にふれさせるとともに,造形的に考察させて,創造的な表現力の向上に役だたせるようにする。

(3) 「美術理論」,「美術史」,「素描」,「基本造形」などの科目との関連を図り,指導の効果があがるようにする。

第8 デ ザ イ ン A

 1 目 標

 視覚的な効果を主とするデザインやプロダクトデザインの習を通して,デザインについての理解を深めるとともに,デザインにおける計画と表現の能力を高める。  2 内 容 (1) デザインの基礎

(2) ビジュアルデザイン

(3) 鑑 賞

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) デザインにおける条件の調査,構想および表現の段階の学習が調和的になされるようにする。

(2) 生徒の着想を尊重し,指導の効果があがるようにする。

(3) 指導する事項や指導法については,絶えず新しい科学技術や芸術の動向に留意して,研究し改善するようにする。

(4)「美術理論」,「美術史」,「素描」「基本造形」などの科目との関連を図り,指導の効果があがるようにする。

第9 デ ザ イ ン B

 1 目 標

 技術や生産性を主としたデザインの学習を通して,デザインについての理解を深めるとともに,デザインにおける計画と表現の能力を高める。  2 内 容 (1) デザインの基礎

(2) クラフトデザイン

(3) プロダクトデザイン

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) デザインによる条件の調査,構想および表現の段階の学習が調和的になされるようにする。

(2) 生徒の着想を尊重し,指導の効果があがるようにする。

(3) 指導する事項や指導法については,絶えず新しい科学技術や美術の動向に留意して研究し改善するようにする。

(4) デザインしたものは,これに基づく製作へ発展することがあってもよい。

第10 製 図

 1 目 標

 製図に必要な基礎的な図法を理解させ,立体と空間と図面との関係を明確にし,製図の能力と読図の能力とを高める。  2 内 容 (1) 図 法 ア 平面図法

イ 投影図法

ウ 透視図法

(2) 製 図 ア 製図の基礎

イ 製図に関する日本工業規格

ウ 製図実習

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 図法の扱いにおいては,造形的な感覚を養い,表現力の向上に役だたせるように指導する事項や指導法を考慮する。

(2) 「デザインA」,「デザインB」の科目との関連を図り,指導の効果があがるようにする。

第11 写 真

 1 目 標

 写真技術の学習を通して,写真による表現能力を養い,写真による伝達の効果を理解させる。  2 内 容 (1) 写真とその材料の知識

(2) 撮 影

(3) 暗室技術

(4) 写真作画と編集・構成方法

(5) その他

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 実験実習を重視し,操作・製作・保管などの技術を身につけさせ,科学的合理的な面の指導にも留意する。

(2) 写真とデザインなどの関係についても必要に応じて扱うようにする。

(3) 「美術理論」,「美術史」,「素描」,「基本造形」などの科目との関連を図り,指導の効果が上がるようにする。

(4) 教育目標によっては,「写真・印刷」の内容のAを学習させてもよい。

第12 総 合 実 習

 1 目 標

 協同の造形活動への参加を通して,造形的な各種の能力を確かなものにし,責任感と実践的な態度を養う。  2 内 容 (1) 環境の美化

(2) 展示計画,展示

(3) 各種の催物に必要なものの製作その他

 3 指導計画の作成および指導上の留意事項 (1) 指導が断片的にならないように,年間計画などを作成し効果があがるようにする。

(2) 材料購入,使用その他にわたって計画的にさせるようにする。

(3) 造形計画,製作,使用,反省批判にわたって一貫性のある指導をするようにする。