第14章 法 規

 

 第1 目 標

 

 第2 単元の例

 

 第3 学習指導上の要点

 1.この科目は,商業科の中の一科目として,もっぱら商業に関する法規について学習するものではあるが,その内容はやはり法であるから,学習指導にあたっては,法の全般に関する面についても,よく考慮する必要がある。

 2.法は、一般化され,抽象化され,客観化されたものであるが,それをそのままの姿で,生徒に注入するような方法は望ましくないことである。生徒の日常生活の経験に事例を求め,理論に片寄らず,具体的に商業現象を法の面から理解し,商業活動が,法の面からどのように行われているかを知るとともに,商業活動を円滑に遂行して行くような態度や能力を養うことが望ましい。

 3.事例を,生徒の日常生活の経験に求めることが困難である場合には,一応,法を抽象的概念的に説明しなければならないこともあろうが,その場合でも,法の深遠な学理を説くことよりも,できるだけ具体的に実例をあげて概念の裏づけをすることが,学習の効果をあげるのに役だつであろう。具体的事例をあげるには,低劣に陥らないように注意し,卑近なものから,だんだんと複雑な高度なものに進めるようにし,しかも,生徒の自発的な学習意欲を促進して行くことがたいせつである。

 4.この科目の学習については,民法と商法との二つの法典の編別に従って学習を進めて行くような,従来多く用いられた方法よりも,民法・商法を合わせまとめ,それを中心として,その他の商業関係の法令をも加えて,生徒の理解に,つごうのよいようにくふうされた新しい指導計画を立てることが望ましい。

 5.上記の単元例のそれぞれには,理解の難易や,内容の分量について,相違があるから,もとより,各単元を一様に平均した時間で取り扱うことはできない。それぞれに適当な時間を配分した1年間の指導計画を立てて,全部の単元にわたって,統一された系統立てられた理解をうるように指導することが必要である。

 6.単元の例について,それぞれの内容を示せば次のとおりである。

単元 1.法とは,どのようなものか。

単元 2.権利・義務とは,どのようなことか。 単元 3.権利・義務は,どのように変動するか。 単元 4.財産権とは,どのようなものか。 単元 5.契約とは,どのようなことか。 単元 6.商人とはどのような人をいうか。 単元 7.商業を営むには,法律上どのようなことが必要であるか。 単元 8.会社とは,どのようなものか。 単元 9.商業には,どのような種類があるか。 単元10.手形・小切手とは,どのようなものか。 単元11.紛争を防ぐには,どのようにすればよいか。また,訴訟とはどのようなことか。  この科目の学習についての準備と活動の例を示せば,次のとおりである。

 1.教師の準備と活動。

 2.生徒の準備と活動。  

 第4 学習指導計画の一例

 1.単元名 法とは,どのようなものか。

 2.目 標

 3.教材区分と時間配当。  4.準備と資料。  5.学習活動  6.他の教科・科目との関連。

 社会科特に憲法に関する単元,家庭科の家族関係は,この単元の学習に大いに役だつ。

 7.評 価

 

 第5 参 考 書

    書    名         著   者          発 行 所

   法学通論           穂 積  重 遠       日本評論社

   法学概論           尾 高  朝 雄       有  斐  閣

   法学入門           尾 高  朝 雄       勁 草 書 房

   法学通論           田 中  誠 二       千 倉 書 房

   法学概論           田 中  周 友       有信堂高文社

   法学概論           中 川  善之助       角 川 書 店

                  木 村  亀 二 

   法学研究の栞(下)      菊井維大外二氏監修      東大学生文化指導会

   新民法読本          穂 積  重 遠       日本評論社

   民  法           我 妻    栄       勁 草 書 房

   民法入門           戒 能  通 孝       巌  松  堂

   民法通論           中 村  万 吉          〃

   民法入門           野 津    務       有  斐  閣

   民法総論           吾 妻  光 俊       巌  松  堂

   新民法総則          勝 本  正 晃       弘  文  堂

   改訂民法総論         宗 宮  信 次       有  斐  閣

   物権法            勝 本  正 晃       弘  文  堂

   物権法概説              〃          巌  松  堂

   担保物権法論(上・下)    石 田  文次郎       有  斐  閣

   担保物権法          我 妻    栄       岩 波 書 店

   担保物権法(上・下)     勝 本  正 晃       有  斐  閣

   債権総論           我 妻    栄       岩 波 書 店

   債権法概論          勝 本  正 晃       有  斐  閣

   債権法総則講義        山 中  康 雄       巌  松  堂

   債権各論           戒 能  通 孝          〃

   契約総論           山 中  康 雄       弘  文  堂

   契約各論(1)         勝 本  正 晃       有  斐  閣

   商法(上・中・下)      石 井  照 久       勁 草 書 房

   商法概論               〃             〃

   日本商法           西 島  彌太郎       巌  松  堂

   商法講義(1―4)      小町谷  操 三       有  斐  閣

   新版商法           田 中  誠 二       千 倉 書 房

   新商法大要          野 津    務       柳 沢 書 店

   改正商注大意         松 本  烝 治       岩 波 書 店

   新訂日本商法論(1)      西 原  寛 一       日本評論社

   商法学総論          実 方  正 雄       有  斐  閣

   商法総論概説         田 中  誠 二          〃

   商法総則           野 津    務       朝 倉 書 店

   商法総則           柳 川  昌 勝       巌  松  堂

   商行為概説          田 中  誠 二       有  斐  閣

   商行為法           柳 川  昌 勝       巌  松  堂

   会社法講義案         大 隅  健一郎       有  斐  閣

   会社法概論          大 浜  信 泉       勁 草 書 房

   会社法学(1)         実 方  正 雄       有  斐  閣

   会社法            田 中  誠 二       千 倉 書 房

   改訂会社法概論        野 津    務       朝 倉 書 店

   新会社法           伊 沢  孝 平       法  文  社

   解説改正会社法        岡 咲  恕 一       日本経済新聞社

   改正株式会社法解説      鈴 木  竹 雄       日本評論社

                  石 井  照 久

   保険法            野 津    務       白  楊  社

   海商法            田 中  誠 二       千 倉 書 房

   海商法原論          森      清       有  斐  閣

   有限会社法          大 橋  光 雄          〃

   日本有限会社法論       佐 々    穆       巌  松  堂

   有限会社法          椎 津  盛 一          〃

   手形法小切手法        伊 沢  孝 平       有  斐  閣

   註解手形小切手法           〃          法  文  社

   手形小切手法講義       大 隅  健一郎       有  斐  閣

   手形法・小切手法       田 中  誠 二       千 倉 書 房

   法律学辞典(1―5)     末 弘 厳太郎 編      岩 波 書 店

                  田 中 耕太郎

   法律学小辞典         我 妻   栄 編        〃

                  横 田 喜三郎

                  宮 沢 俊 義

   新法学辞典(1―3 )    末 川   博 編      日本評論社

   六法全書           我 妻・宮 沢 編      有  斐  閣

   六法全書           末 川   博 編      岩 波 書 店

   模範六法全書             〃          三  省  堂

   六法全書           末 弘・小 野 編      法  文  社

   解説附民・商法条文      武 市   春 男      国 元 書 房

   日本判例大成         三宅正太郎外八氏編      非  凡  閣

   商事判例集          小町谷・伊沢  編      岩 波 書 店

   大審院判例集

   最高裁判所判例集

   高等裁判所判例集

   法律時報           末 広 厳太郎 編集     日本評論社

   法律タイムズ         高 柳 賢 三 編集     法律タイムズ社

   民商法雑誌          竹 田・末 川 監修     弘  文  堂

   私 法            日本私法学会         有  斐  閣

   新法令の研究(1―2)    我 妻     栄         〃

   法令年報(1―2)      我 妻・宮 沢 編集        〃