第一章 家庭科の指導目標

 

 T.総目標

 家庭科の教育の全体を通じた目標としては,次のようなことが挙げられる。

 

 U.各学年別による目標

 これらを,更に児童や青年の心身発達の如何と,その内容の発展とを考え,学年の程度に応じて,具体的に考えてみると,次のようになる。

 第五ないし第六年

 この学年のこの科目は,男女ともに課すべき家庭科であって,その考え方も教え方も中学校におけるものとは異なるべきである。

 第七ないし第九年

 第十ないし第十二年

 (一) 家事経理

 (二) 家庭看護

 (三) 食   物

 (四) 被   服

 (五) 育   児