第3章 専門教育に関する各教科

 

第1節 農  業

第1款 目  標

 農業の各分野に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ,農業の社会的な意義や役割を理解させるとともに,農業に関する諸課題を主体的,合理的に解決し,農業の充実と社会の発展を図る創造的,実践的な能力と態度を育てる。

 

第2款 各 科 目

第1 農業科学基礎

1 目  標

 農業生物の育成についての体験的,探究的な学習を通して,農業に関する基礎的な知識と技術を習得させ,農業及び農業学習についての興味・関心を高めるとともに,科学的思考力と問題解決能力を伸ばし,農業の各分野の発展を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第2 環境科学基礎

1 目  標

 環境の保全,創造と農業生物の育成についての体験的,探究的な学習を通して,環境と農業に関する基礎的な知識と技術を習得させ,環境及び環境学習についての興味・関心を高めるとともに,科学的思考力と問題解決能力を伸ばし,農業における環境の分野の発展を図る能力と態度を育てる。

2 内   容

3 内容の取扱い  

第3 課題研究

1 目  標

 農業に関する課題を設定し,その課題の解決を図る学習を通して,専門的な知識と技術の深化,総合化を図るとともに,問題解決の能力や自発的,創造的な学習態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第4 総合実習

1 目  標

 農業の各分野に関する体験的な学習を通して,総合的な技術を習得させ,経営と管理についての理解を深めさせるとともに,管理能力や企画力など農業の各分野の改善を図る実践的な能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第5 農業情報処理

1 目  標

 社会における情報化の進展と情報の意義や役割を理解させ,情報処理に関する知識と技術を習得させるとともに,農業の各分野で情報及び情報手段を活用する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第6 作  物

1 目  標

 作物の栽培と経営に必要な知識と技術を習得させ,作物の特性や栽培に適した環境を理解させるとともに,品質と生産性の向上を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第7 野  菜

1 目  標

 野菜の栽培と経営に必要な知識と技術を習得させ,野菜の特性や栽培に適した環境を理解させるとともに,品質と生産性の向上を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第8 果  樹

1 目  標

 果樹の栽培と経営に必要な知識と技術を習得させ,果樹の特性や栽培に適した環境を理解させるとともに,品質と生産性の向上を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第9 草  花

1 目  標

 草花の栽培と経営に必要な知識と技術を習得させ,草花の特性や栽培に適した環境を理解させるとともに,品質と生産性の向上を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第10 畜  産

1 目  標

 家畜の飼育と経営に必要な知識と技術を習得させ,家畜の特性や飼育環境を理解させるとともに,合理的な家畜管理と生産性の向上を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第11 農業経営

1 目  標

 農業経営の設計と管理に必要な知識と技術を習得させ,コスト管理とマーケティングの必要性を理解させるとともに,経営管理の改善を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第12 農業機械

1 目  標

 農業機械の取扱いと維持管理に必要な知識と技術を習得させ,機械の構造と作業上の特性を理解させるとともに,農業機械の効率的な利用を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第13 食品製造

1 目  標

 食品製造に必要な知識と技術を習得させ,食品の特性と加工の原理を理解させるとともに,品質と生産性の向上を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第14 食品化学

1 目  標

 食品の分析と検査に必要な知識と技術を習得させ,食品の成分と栄養を理解させるとともに,食品製造及び農業の各分野で応用する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第15 微生物基礎

1 目  標

 食品に関連する微生物の利用に必要な知識と技術を習得させ,微生物の特性と培養を理解させるとともに,農業の各分野で微生物を利用する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第16 植物バイオテクノロジー

1 目  標

 植物に関するバイオテクノロジーの知識と技術を習得させ,植物体の特性とバイオテクノロジーの特質を理解させるとともに,農業の各分野で応用する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第17 動物・微生物バイオテクノロジー

1 目  標

 動物と微生物に関するバイオテクノロジーの知識と技術を習得させ,動物の核,卵,胚(はい)や微生物の特性とバイオテクノロジーの特質を理解させるとともに,農業の各分野で応用する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第18 農業経済

1 目  標

 農業及び食品産業の経済活動に関する知識と技術を習得させ,流通及び市場の原理を理解させるとともに,流通の改善を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第19 食品流通

1 目  標

 農産物を主とする食品の流通に必要な知識と技術を習得させ,食品の特性と流通構造を理解させるとともに,食品の流通と管理の合理化を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第20 森林科学

1 目  標

 森林の育成,保全と利用に必要な知識と技術を習得させ,森林生態系と林木の生育特性を理解させるとともに,森林を総合的に利用する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第21 森林経営

1 目  標

 森林経営の計画と管理に必要な知識と技術を習得させ,森林の機能及び森林の評価の必要性を理解させるとともに,森林を持続的に経営する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第22 林産加工

1 目  標

 林産物の加工,利用に必要な知識と技術を習得させ,林産物の特性を理解させるとともに,林産物の多様な利用を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第23 農業土木設計

1 目  標

 土木設計に必要な知識と技術を習得させ,水と土の基本的性質と構造物の特質を理解させるとともに,目的に応じ,自然環境と調和した農業土木構造物を設計する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第24 農業土木施工

1 目  標

 農業土木施工に必要な知識と技術を習得させ,農業土木工事の特質を理解させるとともに,各種の工事を自然環境に配慮し,合理的に施工する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第25 造園計画

1 目  標

 造園の計画・設計に必要な知識と技術を習得させ,緑地のもつ機能を理解させるとともに,目的や環境に応じた造園空間を創造する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第26 造園技術

1 目  標

 造園の施工と管理に必要な知識と技術を習得させ,造園の特質と造園緑化材料の特性を理解させるとともに,材料を適切に取り扱い,合理的に施工し,維持管理する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第27 測  量

1 目  標

 測量に必要な知識と技術を習得させ,測定値の処理と測定機器の特質を理解させるとともに,各種の事業に応用する能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第28 生物活用

1 目  標

 園芸作物と社会動物の活用に必要な知識と技術を習得させ,園芸作物と社会動物の特性及び園芸と動物を活用したセラピーの特質を理解させるとともに,生活の質の向上や健康の改善を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  

第29 グリーンライフ

1 目  標

 交流,余暇活動の展開に必要な知識と技術を習得させ,農業や農村のもつ多面的な機能と対人サービスの特性を理解させるとともに,交流,余暇活動を導入した経営の改善を図る能力と態度を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い  
第3款 各科目にわたる指導計画の作成と内容の取扱い

1 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。

2 各科目の指導に当たっては,コンピュータや情報通信ネットワークなどの活用を図り,学習の効果を高めるよう配慮するものとする。

3 各科目の内容の取扱いのうち内容の範囲や程度等を示す事項は,当該科目を履修するすべての生徒に対して指導するものとする内容の範囲や程度等を示したものであり,学校において必要がある場合には,この事項にかかわらず指導すことができること。

 実験・実習を行うに当たっては,施設・設備の安全管理に配慮し,学習環境を整えるとともに,事故防止の指導を徹底し,安全と衛生に十分留意するものとする。