第10節 体  育

第1款 目  標

 心と体を一体としてとらえ,運動についての理解と運動の合理的な実践を通して,高度な運動技能を習得できるようにし,心身ともに健全な人間の育成に資するとともに,体育・スポーツの振興発展に寄与する資質や能力を育て,明るく豊かで活力ある生活を営む態度を育てる。

 

第2款 各 科 目

第1 体育理論

1 目  標

 体育・スポーツに関する知識を理解できるようにし,運動の合理的な実践及び健康の増進と体力の向上に活用することができる資質や能力を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い

 

第2 体つくり運動

1 目  標

 体つくり運動の特性を理解し,体ほぐしをしたり,体力を高めたりするとともに,自己の体力や生活に応じた体つくり運動を構成し活用することができる資質や能力を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い

 内容の(1)及び(2)の各事項とも扱うものとする。

 

第3 スポーツT

1 目  標

 採点競技及び測定競技の特性についての理解と課題の解決を目指した計画的な運動の実践を通して,これらのスポーツの高度な技能と審判法を習得できるようにするとともに,技能を発揮して競技をすることができる資質や能力を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い

 

第4 スポーツU

1 目  標

 球技の特性についての理解と課題の解決を目指した計画的な運動の実践を通して,これらのスポーツの高度な技能と審判法を習得できるようにするとともに,技能を発揮してゲームをすることができる資質や能力を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い

 

第5 スポーツV

1 目  標

 武道等の特性についての理解と課題の解決を目指した計画的な運動の実践を通して,これらのスポーツの高度な技能と審判法を習得できるようにするとともに,技能を発揮して試合をすることができる資質や能力を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い

 

第6 ダンス

1 目  標

 ダンスの特性についての理解と課題の解決を目指した計画的な運動の実践を通して,その高度な技能を習得できるようにするとともに,交流し,発表することができる資質や能力を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い

 

第7 野外活動

1 目  標

 自然とのかかわりの深い野外の運動の特性について理解し,その知識と技能を習得できるようにするとともに,自然の中での行動の仕方を身に付け,自然に親しむことができる資質や能力を育てる。

2 内  容

3 内容の取扱い

 

第3款 各科目にわたる指導計画の作成と内容の取扱い

1 体育に関する学科における指導計画の作成に当たっては,各年次において次の事項に配慮するものとする。

2 内容の取扱いに当たっては,次の事項に配慮するものとする。