1. TOP
  2. 報道・イベント
  3. イベント情報

イベント情報

イベント開催スケジュール

   
平成30年2月6日(火)〜9日(金) 平成29年度国立教育政策研究所教育課程研究指定校事業研究協議会の開催について
平成29年10月10日(火) 『平成29年度教育改革国際シンポジウム「大学教育の成果をどう測るか−全国卒業生調査の国際的動向−」』の開催について
平成29年5月11日(木) 高等教育政策セミナー(13) 「グローバル人材育成プログラムの学修成果の測定・評価(BEVI)」の開催について 開催終了
平成29年2月22日(水) 高等教育政策セミナー(12) 「哲学教育を再考する〜学位プログラム・学修成果・アセスメントの観点から〜」 の開催について 開催終了
平成29年2月21日(火) 高等教育政策セミナー(11) 「自己評価を評価する:−自己評価担当者のための評価報告書点検ワークショップ−」 の開催について 開催終了
平成28年2月20日(月) 高等教育政策セミナー(10) 「アセスメントによる教育改善と質保証−James Madison Universityの取組から学ぶ−」 の開催について 開催終了
平成28年11月1日(火) 幼児教育研究センター発足記念 平成28年度教育研究公開シンポジウム「幼児教育の質の向上を支える研究と研修の在り方を考える〜幼児教育140年の歴史から未来を考える〜」の開催について 開催終了
平成28年10月25日(火) 平成28年度 教育改革国際シンポジウム「第3回 いじめ問題国際シンポジウム いじめを生まない学校づくり」の開催について 開催終了
平成29年2月7日(火)
〜10日(金)
平成28年度 国立教育政策研究所教育課程研究センター関係指定事業研究協議会の開催について 開催終了
平成28年10月18日(火) 高等教育政策セミナー(9)「Tuning‐CALOHEE 欧州高等教育における学習成果達成度の測定」の開催について 開催終了
平成28年10月7日(金) 平成28年度 国立教育政策研究所 文教施設研究講演会「教室空間から教育を考える −日本とデンマークの学校建築−」の開催について 開催終了
平成28年10月4日(火) 全国学力・学習状況調査の調査結果を踏まえた指導の改善・充実に向けた説明会
平成28年8月30日(火) 高等教育政策セミナー(8)次世代歴史教育研究会キックオフ・コンファレンス「学習者中心の大学歴史教育〜学習成果=コンピテンス・アプローチをどういかすか〜」の資料を掲載しました開催終了
平成28年8月23日(火) 高等教育政策セミナー(8)「学習者中心の大学歴史教育〜学習成果=コンピテンス・アプローチをどういかすか〜」について開催終了
平成28年7月25日(月)
〜9月30日(金)
平成28年度国立教育政策研究所インターンシップ(就業体験)実施について 開催終了

教育研究公開シンポジウム・教育改革国際シンポジウム

国立教育政策研究所では、所内で行われる教育研究の成果を広く社会に還元することを目的とする「教育研究公開シンポジウム」や、諸外国の教育改革の最前線で活躍する専門家を招き、各国の経験から学び、我が国の教育改革に活かしていくことを目的とする「教育改革国際シンポジウム」を開催しています。

最新の開催報告書

平成24年度 教育研究公開シンポジウム
いじめについて、わかっていること、できること。

平成24年夏のいじめが背景事情として認められる生徒の自殺事案の発生を受け、当研究所として、これまでのいじめの調査研究等から得られたエビデンスに基づき、今、いじめについて何がわかっているのか、いじめというものをどのように認識することが必要なのか、子供の命を守るために大人はどのように子供と向き合うべきか等を、未然防止という視点に立って、研究成果とともに広く一般に伝えるため、平成24年11月、平成25年3月の2回開催したシンポジウムの報告書です。

開催報告書

平成25年度 教育改革国際シンポジウム
25cover

「大学を修了する時点で、学生はどのような『力(コンピテンス)』を身に付けていることが期待されるのか」「大学はどうすれば、国際的に通用する水準の教育を提供しているといえるのか」大学進学率が上昇し、グローバル化が進展する中で、これらの視点は、大学教育の質保証を検討する上で欠くことができなくなってきました。
こうした状況に鑑み、コンピテンス重視の大学教育を推進する先駆的な取組である「チューニング(Tuning)」と経済協力開発機構(OECD)による「高等教育における学習成果調査(AHELO)」に注目し、グローバル化時代における大学教育の質保証に関する理解を深めることを目指すシンポジウムを平成25年12月に開催しました。

開催報告書

このページのTOPへ
Copyright(C)2015 National Institute for Educational Policy Research All Rights Reserved.