1. TOP
  2. 研究紹介・研究成果
  3. 各部・センター案内

各部・センター案内

研究企画開発部 本研究所の研究・事業活動全体の企画・調整を行っています。研究所としての取組であるプロジェクト研究が,教育の政策課題や社会からの要請に対応して,効果的・効率的に実施されるよう,研究課題の設定,進行管理・成果報告などのマネジメントを実施しています。また,教育研究公開シンポジウムや教育改革国際シンポジウムの開催,紀要やNIER NEWSの発行を通じて研究成果の発信も行っています。 研究成果研究者紹介
教育研究情報推進室
本研究所の研究成果や,教育実践及び教育研究に関する多様な情報をホームページやデータベースで公開し,広く提供しています。また,教育関係の図書,資料を約54万1千冊所蔵する教育図書館が設置されており,研究所内外の研究活動を支援しています。このほか,本研究所の研究活動全体の基盤となる情報システムの整備及び運用・管理を行っています。
研究成果研究者紹介
教育政策・評価
研究部
これまでの教育政策の歴史的展開とこれからの展望を踏まえ,教育政策の立案,実施又は評価の基礎となる実証的な調査研究を進めています。近年は主に,急激な社会変化に対応した教育行財政や学校システム構築の在り方の制度,実態又は将来像に関わる基礎的な調査研究等に取り組んでいます。 研究成果研究者紹介
生涯学習政策
研究部
国民の学習に関する意識やニーズ,成人の知識や技能のレベル・内容,多様な学習活動の評価等に係る基礎的な調査研究を行うとともに,学校や地域の生涯学習環境に相乗効果をもたらす連携・協働の推進に資する調査・分析を行っています。また,OECD(経済協力開発機構)による新たな国際比較調査である「国際成人力調査(PIAAC)」の分析作業を行っています。 研究成果研究者紹介
初等中等教育
研究部
我が国の初等中等教育政策に係る基礎的事項の調査研究を行っています。近年は,今後の後期中等教育の在り方に関する研究,小中一貫教育に関する調査研究,少人数教育の在り方に関する研究,教員の質の向上に関する研究,教育課程の編成に関する基礎的研究等に取り組んでいます。 研究成果研究者紹介
高等教育研究部 高等教育政策の企画立案に資する調査研究や,大学教育の改善に資する調査研究を行っています。また,大学・研究機関・行政機関等との間の交流ネットワークの形成を視野に入れた公開研究会等も行っています。 研究成果研究者紹介
国際研究・協力部 文部科学省の政策課題に関連した様々な調査研究や,諸外国の教育政策,改革動向についての基礎的情報の収集・分析を行っているほか,海外の研究者等に向けて,日本の教育システムや政策等に関する基礎的情報を英文で発信する事業を行っています。さらに,他の部・センターと協力しながらOECD(経済協力開発機構)の「生徒の学習到達度調査(PISA)」をはじめとする国際共同研究の実施や,日中韓国立教育政策研究所長会議などを担当しています。 研究成果研究者紹介
教育課程研究
センター
@初等中等教育の教育課程に関する政策に係る基礎的な事項の調査及び研究,A国内の研究機関,大学その他の関係機関との連絡及び研究,B国内の教育機関及び教育関係者に対する初等中等教育の教育課程に関する援助及び助言などの業務を行っています。具体的には,全国学力・学習状況調査の文部科学省との共同実施,学習指導要領実施状況調査(旧教育課程実施状況調査),特定の課題に関する調査,国際数学・理科教育動向調査(TIMSS),学校における教育課程編成の実証的研究,評価規準・評価方法等の研究開発,研究指定校・地域事業及び指導資料・事例集等の作成などの事業や,教育委員会,学校,教育関係者に対するカリキュラムや指導方法についての支援を実施しています。 研究成果研究者紹介
生徒指導・進路指導研究センター 生徒指導(一人一人の児童生徒の人格を尊重し,個性の伸長を図りながら,社会的資質や行動力を高めるための指導・援助)や進路指導(児童生徒が自己の生き方を考え,将来の進路を主体的に選択していく能力や態度を育成するための指導・援助)の充実を図るため,生徒指導・進路指導行政の企画立案に資する調査研究に取り組むとともに,教育委員会や学校等に対する専門的な援助や助言を行っています。 研究成果研究者紹介
幼児教育研究
センター
幼児教育政策への関心の高まりを背景として,幼児教育に関する効果的な調査研究を行うため,平成28年4月に新たに設置されました。国における調査研究の拠点として,@幼児教育に関する調査研究の推進,A内外の研究機関や地方公共団体,幼稚園等との研究ネットワークの構築,B地方公共団体や幼児教育関係者等への研究成果の普及を行っています。 研究者紹介
社会教育実践研究センター 都道府県・市町村における社会教育事業の活性化に資するため,全国の社会教育活動の実態調査や,住民等の社会参画を促す学習プログラム開発,地域における指導者等の育成・資質向上に資する調査研究等を行っています。こうした調査研究の成果を生かすとともに,新たな研究課題の抽出や研究方法の改善を図る研究セミナーを開催するほか,文部科学省との共催で社会教育指導者のための研修事業も行っています。また,地域の社会教育指導者の研修等に役立つ教材資料の開発・作成や,全国の特色ある実践事例を紹介する社会教育情報番組等を制作・インターネット配信する等,情報提供を行っています。 研究成果研究者紹介
文教施設研究
センター
文教施設を取り巻く社会状況の変化や教育課程の充実・改善に関する各種提言への対応など,文教施設が直面する様々な課題に対応する施策の企画・立案に関する基礎的・専門的調査研究を行っています。具体的には,文教施設における環境対策,防災対策,多様な学習活動への対応等に関する調査研究及び文教施設に関する情報の収集整理,発信を進めています。また,OECDの効果的学習環境事業(GNEELE)に参加するとともに,海外から講師を招へいし講演会を開催するなど,国際的な知見の交流も積極的に行っています。 研究成果研究者紹介
このページのTOPへ
Copyright(C)2015 National Institute for Educational Policy Research All Rights Reserved.