1. TOP
  2. 各部・センター案内
  3. 文教施設研究センター

文教施設研究センター

研究・事業の概要

 文教施設研究センターは、近年の文教施設を取り巻く社会状況の変化や教育課程の充実・改善に関する各種提言への対応など、 文教施設が直面する様々な課題に対応する施策の企画・立案に関する基礎的・専門的調査研究及び情報収集・提供を行うために設置された組織です。近年は、文教施設における環境対策、防災対策及び学習空間の在り方に関する基礎的・専門的調査研究及び文教施設に関する情報の収集整理・発信を進めています。
 これらの成果は、文教施設の整備に必要な様々な施策の企画立案に活用されています。


文教施設に関する基礎的・専門的調査研究

 社会の変化や動向に対応した文教施設を整備するための方策に関する調査研究を進めています。


〔防災関係〕

東日本大震災からの学校施設の復興プロセスに関する調査研究や、学校の復興とまちづくりに関する調査研究、避難所となる学校施設の防災機能に関する調査等、 学校施設における児童生徒の安全確保及び非常災害時に避難所として機能するための施設の防災対策や、老朽化・長寿命化対策等、安全・安心な学校施設整備に資する調査研究を実施しました。

〔環境関係〕

児童生徒の学習・生活の場としてふさわしい環境の確保や、地球温暖化防止のための環境への負荷軽減対策など、環境という側面からの学校施設の整備方策について検討を行っています。 平成28年度からは、スーパーエコスクール実証事業において、環境に配慮した改修整備を行う学校施設における改修前後の継続した調査を行い、相関性を分析把握することにより、 より効果的なエコスクールの整備方策を明らかにするための調査研究を実施しています。

〔学習空間関係〕

障害を有する者やアクティブ・ラーニングの導入への対応など、学校施設に求められている機能は多様化しています。このような課題を踏まえ、多様な学習活動等に対応した学習空間等に関する調査研究を実施しています。

文教施設に関する情報の収集整理・データベース化

関係機関等との有効な連携の下で、国内外の文教施設に関する研究報告、文教施設に関する諸基準、先進的な取組事例などに関する情報の収集・分析(国内外の比較分析を含む) 及びデータベースの構築などを進めています。
 また、国内外の研究者、実務者、行政担当者等を対象とするセミナーや講演会に参加し、研究の成果を公表しています。

海外教育機関との研究交流

OECD(経済協力開発機構)/GNEELE(効果的な学習環境に関する専門家会合)への参加や、韓国教育開発院(KEDI)との「教育施設」に関する研究交流等、海外の関係機関との知見の交流を行っています。

文教施設研究講演会の開催

学校施設に関する知見の収集・発信を目的として、国内外の専門家を招へいし講演等を行う、「文教施設研究講演会」を年1回開催しています。

このページのTOPへ

プロジェクト

アクティブ・ラーニングの視点に立った学習空間に
関する調査研究について
研究代表者 磯山武司(平成29年度)
森政之(平成30年度)
研究期間 平成29年度〜平成30年度
<研究概要> 新学習指導要領を踏まえた文教施設政策の企画立案及び学校現場における施設整備の参考に資することを目的として,「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善や授業実践をよりよく行う上での,学習空間(施設・学校用家具・設備等)の活用状況や課題等について,小中学校を対象に質問紙調査等を行い,分析した成果を報告書として取りまとめました。

  報告書全文 PDF
  報告書概要 PDF

このページのTOPへ

研究成果

 過去に実施した調査研究や講演会の報告書等を掲載しています。
このページのTOPへ

研究者紹介

このページのTOPへ

イベント情報

このページのTOPへ

その他の情報

文教施設関連リンク集


このページのTOPへ