生涯学習政策研究部


国際成人力調査(PIAAC)図表データ

  • OECD Skills Outlook 2013に掲載されている主な図表(日本語翻訳版)をエクセル形式でダウンロードできます。
  • 図表は各シートに分かれています。
  • Excel 2007以降のバージョンでご覧いただくことを推奨します。以前の バージョンでは機能の一部がサポートされない場合があります。

概説

EXCEL/409KB)
  • 図0.1 教養の高い成人が経済的アウトカムと社会的アウトカムについて積極的な回答をする確率
  • 図0.2 読解力の習熟度(16歳〜65歳)
  • 図0.3 高齢層と若年層の間の読解力のギャップ
  • 図0.4 イタリアと日本における読解力のスコアと教育の分布
  • 図0.5 労働生産性と仕事における読解力の使用
  • 図0.6 男女別賃金の差と職場におけるITを活用した問題解決能力の使用の相関

第1章

EXCEL/314KB)
  • 図1.1 家庭におけるコンピュータ及びインターネットへのアクセス
  • 図1.2 電子政府の成長
  • 図1.3 産業別の終業の比率の変化
  • 図1.4 学歴別の職業グループごとの終業の比率の進化
  • 図1.5 スキルに対する需要の変化
  • 図1.6 習熟度レベル別職業グループごとの就業の比率の進化
  • 図1.7 組織的変化と新しいテクノロジー
EXCEL/304KB)
  • 表A1.1 コンピュータへのアクセスがある家庭の割合(2010年またはそれ以降)
  • 表A1.2 公的機関とのやりとりにインターネットを使った個人及び企業の割合(2005年と2010年)
  • 表A1.3 産業別の就業比率の変化(1980年〜2007年)
  • 表A1.4 職業グループ別就業率(1998年〜2009年)と就業率の変化(1998年以降)
  • 表A1.5 定型業務と非定型業務の傾向(1960年〜2009年)
  • 表A1.6 職業グループ別就業率(1998年〜2009年)と就業率の変化(1998年以降)
  • 表A1.7a 職場で構造改革があったと回答した就業者の割合
  • 表A1.7b 職場で新しい働き方が導入されたと回答した就業者の割合
  • 表A1.6 職業グループ別就業率(1998年〜2009年)と就業率の変化(1998年以降)
  • 表 A1.7a 職場で構造改革があったと回答した就業者の割合
  • 表 A1.7b 職場で新しい働き方が導入されたと回答した就業者の割合

第2章

EXCEL/635KB)
  • 図2.1 読解力の習熟度レベル別の成人の分布
  • 図2.2a 読解力の国別平均得点(16〜65歳)
  • 図2.2b 成人の読解力の国別平均得点(16〜65歳)
  • 図2.3a 読解力の習熟度レベルの比較(16歳〜24歳)
  • 図2.3b 16〜24歳の若者の読解力の国別平均得点(補正後)
  • 図2.4 読解力の国別得点分布
  • 図2.5 数的思考力の習熟度レベル別の成人の分布
  • 図2.6a 16〜65歳の成人の数的思考力の国別平均得点
  • 図2.6b 16〜65歳の成人の数的思考力の国別平均得点(調整済み)
  • 図2.7a 若年層の数的思考力の平均習熟度の比較
  • 図2.7b 16〜24歳の若者の数的思考力の国別平均得点
  • 図2.8 数的思考力の国別得点分布
  • 図2.9 様々な情報の処理・活用に関するキー・スキルの相関
  • 図2.10a ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別の成人の分布
  • 図2.10b ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別の若年層の分布(16歳〜24歳)
  • 図2.11 ITを活用した問題解決能力の習熟度別の読解力の平均得点
  • 図2.12 ITを活用した問題解決能力の習熟度別の数的思考力の平均得点
  • 図2.13 読解力、数的思考力、ITを活用した問題解決能力の調査結果のまとめ
  • Box2.1 - 図 a 一人当たりの国内総生産(米ドル)
  • Box2.1 - 図 b 高等教育を受けた人口
  • Box2.1 - 図 c 後期中等教育修了者の人口
  • Box2.1 - 図 d 人口全体に占める外国生まれの人口
  • Box2.5 - 図 a 読解力の習熟度レベルとリーディングコンポーネントの成績の関係
  • Box2.10 - 図 a 社会人口学的プロフィール別コンピュータとCBTの経験の幅
EXCEL/505KB)
  • 表A2.1 読解力の習熟度レベル別成人の割合
  • 表A2.2a 読解力の平均習熟度
  • 表A2.2b 著読解力の調整済み平均習熟度(16歳〜65歳)
  • 表A2.3 読解力の調整済み平均習熟度(16歳〜24歳)
  • 表A2.4 パーセンタイルごとの読解力の平均習熟度と得点分布
  • 表A2.5 数的思考力の習熟度レベル別成人の割合
  • 表A2.6a 数的思考力の平均習熟度
  • 表A2.6b 数的思考力の調整済み平均習熟度(16歳〜65歳)
  • 表A2.7 数的思考力の調整済み平均習熟度(16歳〜24歳)
  • 表A2.8 パーセンタイルごとの数的思考力の平均習熟度と得点分布
  • 表A2.9 読解力と数的思考力の習熟度の相関関係
  • 表A2.10a ITを活用した問題解決能力の各習熟度レベル別の成人の割合
  • 表A2.10b ITを活用した問題解決能力の各習熟度レベル別の若年層の割合(16歳〜24歳)
  • 表A2.11 ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別読解力の平均習熟度
  • 表A2.12 ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別数的思考力の平均習熟度

第3章

EXCEL/1002KB)
  • 図3.1 (L) 読解力の習熟度における社会人口学的違いの合成
  • 図3.2 (L) 読解力の習熟度における年齢の違い
  • 図3.2 (N) 数的思考力の習熟度における年齢の違い
  • 図3.3 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル:年齢グループ別
  • 図3.4 (N) 数的思考力の習熟度における性別の違い
  • 図3.4 (L) 読解力における性別の違い
  • 図3.5 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル:男女別
  • 図3.6 (L) 読解力における社会経済的背景の違い
  • 図3.6 (N) 社会経済的背景における数的思考力の習熟度の違い
  • 図3.7 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル:両親の学歴別
  • 図3.8a (L) 若年層における読解力の習熟度と社会経済的背景の関係
  • 図3.8b (L) 読解力の習熟度と社会経済的背景の関係
  • 図3.8c (L) 読解力の習熟度と社会経済的背景が習熟度に与える影響の関係
  • 図3.9 (L) 学歴別にみた読解力の習熟度の違い
  • 図3.9 (N) 学歴別にみた数的思考力の習熟度の違い
  • 図3.10 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル:本人の学歴別
  • 図3.11 (L) 若年層における読解力の習熟度の低さ
  • 図3.12 (L) 読解力でレベル2以下の得点に留まることに対する本人の学歴と両親の学歴の累積効果
  • 図3.13 (L) 高齢の女性と男性で読解力の習熟度が低くなる傾向
  • 図3.14 (L) 自国生まれと外国生まれの成人の読解力の得点差
  • 図3.15 (L) 移民か否かと言語的背景による読解力の得点差
  • 図3.15 (N) 移民か否かと言語的背景による数的思考力の得点差
  • 図3.16 (P) 外国語を話す移民と非移民におけるITを活用した問題解決能力の習熟度
  • 図3.17a (L) 外国生まれ・外国語の成人が読解力の習熟度が低くなる傾向
  • 図3.17b (L) 外国生まれ・外国語の成人が読解力の習熟度が低くなる傾向
  • 図3.17c (L) 外国生まれ・外国語の成人が読解力の習熟度が低くなる傾向
  • 図3.18a (P) 外国生まれ・外国語の女性がITを活用した問題解決能力で習熟度が低くなる傾向
  • 図3.18b (P) 外国生まれ・外国語の女性がITを活用した問題解決能力で習熟度が低くなる傾向
  • 図3.18c (P) 外国生まれ・外国語の女性がITを活用した問題解決能力で習熟度が低くなる傾向
  • 図3.19 (L) 読解力の習熟度における職業の違い
  • 図3.19 (N) 数的思考力の習熟度における職業の違い
  • 図3.20 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル:職業カテゴリー別
  • 図3.21 (L) 読解力でレベル2以下の得点に留まることに対する本人の学歴と職業の累積効果
  • 図3.22 (P) 単純/セミスキルドな職業に従事している高齢の成人がITを活用した問題解決能力の習熟度が低くなる傾向
EXCEL/991KB)
  • 表A3.1 (L) 社会人口学的特性からみた比較カテゴリーの読解力の得点差
  • 表A3.1 (N) 社会人口学的特性からみた比較カテゴリーの数的思考力の得点差
  • 表A3.2 (L) 年齢グループ別読解力の平均得点と最年少と最高齢の得点差
  • 表A3.2 (N) 年齢グループ別数的思考力の平均得点と最年少と最高齢の得点差
  • 表A3.3 (L) 読解力の習熟度レベル別の割合(年齢グループ別)
  • 表A3.3 (N) 数的思考力の習熟度レベル別の割合(年齢グループ別)
  • 表A3.3 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別の割合(年齢グループ別)
  • 表A3.4 (L) 男女別読解力の平均得点と得点差
  • 表A3.4 (N) 男女別数的思考力の平均得点と得点差
  • 表A3.5 (L) 性別と就業状況からみた読解力の習熟度レベル別割合
  • 表A3.5 (N) 性別と就業就業状態からみた数的思考力の習熟度レベル別割合
  • 表A3.5 (P) 性別と就業状態からみたITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別割合
  • 表A3.6 (L) 読解力の平均習熟度と得点差:両親の学歴別
  • 表A3.6 (N) 数的思考力の平均習熟度と得点差:両親の学歴別
  • 表A3.7 (L) 読解力の習熟度レベル別割合:両親の学歴別
  • 表A3.7 (N) 数的思考力の習熟度レベル別割合:両親の学歴別
  • 表A3.7 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別割合:両親の学歴別
  • 表A3.8 (L) 両親の学歴別読解力の平均習熟度と両親の学歴が習熟度に与える効果:年齢グループ別(16歳〜24歳、25歳〜44歳、45歳〜65歳)
  • 表A3.8 (N) 両親の学歴別数的思考力の平均習熟度と両親の学歴が習熟度に与える効果:年齢グループ別(16歳〜24歳、25歳〜44歳、45歳〜65歳)
  • 表A3.9 (L) 学歴別読解力の習熟度と高学歴と低学歴の得点差
  • 表A3.9 (N) 学歴別数的思考力の習熟度と高学歴と低学歴の得点差
  • 表A3.10 (L) 読解力の習熟度レベル別割合:学歴別
  • 表A3.10 (N) 数的思考力の習熟度レベル別割合:学歴別
  • 表A3.10 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別割合:学歴別
  • 表A3.11 (L) 16歳〜24歳が読解力でレベル2以下の得点に留まる傾向:学歴と就業状態別(調整済み)
  • 表A3.11 (N) 16歳〜24歳が数的思考力でレベル2以下の得点に留まる傾向:学歴と就業状態別(調整済み)
  • 表A3.11 (P) 16歳〜24歳がITを活用した問題解決能力でレベル2以下の得点に留まる傾向:学歴と就業状態別(調整済み)
  • 表A3.12 (L) 読解力でレベル2以下の得点に留まることに対する本人の学歴と両親の学歴の累積効果(調整済み)
  • 表A3.12 (N) 数的思考力でレベル2以下の得点に留まることに対する本人の学歴と両親の学歴の累積効果(調整済み)
  • 表A3.12 (P) ITを活用した問題解決能力でレベル2以下の得点に留まることに対する本人の学歴と両親の学歴の累積効果(調整済み)
  • 表A3.13 (L) 45歳〜65歳の成人が読解力でレベル2以下に留まる傾向:性別および本人と両親の学歴別(調整済み)
  • 表A3.13 (N) 45歳〜65歳の成人が数的思考力でレベル2以下に留まる傾向:性別および本人と両親の学歴別(調整済み)
  • 表A3.13 (P) 45歳〜65歳の成人ITを活用した問題解決能力でレベル2以下に留まる傾向:性別および本人と両親の学歴別(調整済み)
  • 表A3.14 (L) 移民か否か別読解力の平均習熟度と自国生まれと外国生まれの平均得点差
  • 表A3.14 (N) 移民か否か別数的思考力の平均習熟度と自国生まれと外国生まれの平均得点差
  • 表A3.15 (L) 移民か否かと言語的背景からみた読解力の平均習熟度と自国生まれ・自国語と外国生まれ・外国語の得点差
  • 表A3.15 (N) 移民か否かと言語的背景からみた数的思考力の平均習熟度と自国生まれ・自国語と外国生まれ・外国語の得点差
  • 表A3.16 (L) 読解力の習熟度レベル別割合:移民か否かと言語的背景別
  • 表A3.16 (N) 数的思考力の習熟度レベル別割合:移民か否かと言語的背景別
  • 表A3.16 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別割合:移民か否かと言語的背景別
  • 表A3.17 (L) 移民か否かと言語的背景、社会経済的背景からみた読解力でレベル2以下に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.17 (N) 移民か否かと言語的背景、社会経済的背景からみた数的思考力でレベル2以下に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.17 (P) 移民か否かと言語的背景、社会経済的背景からみたITを活用した問題解決能力でレベル2以下に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.18 (L) 移民か否かと言語的背景、性別からみた読解力の得点がレベル1未満または無得点に留まる傾向
  • 表A3.18 (N) 移民か否かと言語的背景、性別からみた数的思考力の得点がレベル1未満または無得点に留まる傾向
  • 表A3.18 (P) 移民か否かと言語的背景、性別からみたITを活用した問題解決力の得点がレベル1未満または無得点に留まる傾向
  • 表A3.19 (L) 職業カテゴリー別読解力の平均習熟度とスキルド・ワーカーと単純作業の従事者の得点差
  • 表A3.19 (N) 数的思考力でレベル2以下の得点に留まることに対する本人の学歴と両親の学歴の累積効果(調整済み)
  • 表A3.20 (L) 職業別にみた読解力の習熟度レベル別過去5年に就業経験のある成人の割合
  • 表A3.20 (N) 職業別にみた数的思考力の習熟度レベル別過去5年に就業経験のある成人の割合
  • 表A3.20 (P) 職業別にみたITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別過去5年に就業経験のある成人の割合
  • 表A3.21 (L) 学歴と職業の種類別にみた読解力でレベル2以下に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.21 (N) 学歴と職業の種類別にみた数的思考力でレベル2以下に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.21 (P) 学歴と職業の種類別にみたITを活用した問題解決能力でレベル2以下に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.22 (L) 年齢、性別と職業の種類別にみたITを活用した問題解決能力の得点がレベル1未満または無得点に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.22 (N) 年齢、性別と職業の種類別にみた数的思考力の得点がレベル1未満または無得点に留まる傾向(調整済み)
  • 表A3.22 (P) 年齢、性別と職業の種類別にみたITを活用した問題解決能力の得点がレベル1未満または無得点に留まる傾向(調整済み)

第4章

EXCEL/1.76MB)
  • 図4.1 仕事における様々な情報の処理・活用に関するスキルの使用
  • 図4.2 仕事におけるその他の凡用的スキルの使用
  • 図4.3 仕事におけるスキルの使用
  • 図4.4 労働生産性と仕事における読解力の使用
  • 図4.5 性別からみた仕事における情報処理スキルの使用
  • 図4.6 性別による仕事に対する総括的な技術の使用
  • 図4.7 賃金及び仕事における問題解決能力の使用に関するジェンダー・ギャップ
  • 図4.8 年齢グループ別にみた仕事における情報処理スキルの使用
  • 図4.9 年齢グループ別にみた仕事における汎用的なスキルの使用
  • 図4.10 職場および家庭におけるICT(パソコン)使用状況
  • 図4.11 仕事における情報処理スキルの使用:学歴別
  • 図4.12 仕事における汎用スキルの使用:学歴別
  • 図4.13 高等教育の賃金格差と仕事における読解力の使用と、作業の裁量スキルの使用
  • 図4.14 仕事における情報処理スキルの使用:雇用形態別
  • 図4.15 汎用スキルの使用:雇用形態別
  • 図4.16 日雇い労働者に対する賞罰および仕事の問題解決能力および作業の裁量スキル
  • 図4.17 仕事における情報処理スキルの使用:職業別
  • 図4.18 仕事における汎用的スキルの使用:職業別
  • 図4.19 仕事における情報処理スキルの使用:産業別
  • 図4.20 仕事における汎用的スキルの使用:産業別
  • 図4.21 仕事における情報処理スキルの使用:就業先の規模別
  • 図4.22 仕事における汎用的スキルの使用:就業先の規模別
  • 図4.23 仕事におけるスキルの使用:習熟度レベル別
  • 図4.24 高等教育を必要とする仕事に就く就業者と初等教育で十分な仕事に就く就業者の割合
  • 図4.25a 就業者における学歴ミスマッチとスキル・ミスマッチの割合 オーバー・クオリフィケーション
  • 図4.25b 就業者における学歴ミスマッチとスキル・ミスマッチの割合 アンダー・クオリフィケーション
  • 図4.25c 読解力におけるスキル・ミスマッチ
  • 図4.26 就業者における学歴ミスマッチとスキル・ミスマッチの重複
  • 図4.27 (L) 学歴ミスマッチの就業者の読解力の平均得点
  • 図4.28a 社会人工学的特性からみたオーバー・クオリフィケーション
  • 図4.28b 職業特性からみたオーバー・クオリフィケーション
  • 図4.29 年齢グループ別にみたオーバー・クオリフィケーションとオーバー・スキル
  • 図4.30 スキルの使用と学歴ミスマッチ
  • 図4.31 スキルの使用とスキル・ミスマッチ
  • 図4.32a オーバー・クオリフィケーション及びオーバー・スキルの賃金に対する効果
  • 図4.32b アンダー・クオリフィケーション及びアンダー・スキルの賃金に対する効果
EXCEL/957KB)
  • 表A4.1 仕事における様々な情報の処理・活用に関するスキルの使用
  • 表A4.2 仕事における汎用的スキルの使用
  • 表A4.3 高い頻度でスキルを使用する就業者の割合
  • 表A4.4 労働生産性と仕事における読解力
  • 表A4.5a 性別の違いからみた情報処理スキルの平均使用率
  • 表A4.5b 性別の違いからみた仕事における情報処理スキル(調整済み)
  • 表A4.6a 性別の違いからみた仕事における汎用的なスキルの平均使用率
  • 表A4.6b 性別の違いからみた仕事における汎用的なスキルの使用率の差(調整済み)
  • 表A4.7 賃金と仕事における問題解決能力の使用に関するジェンダー・ギャップ
  • 表A4.8a 仕事における情報処理スキルの平均使用:年齢グループ別
  • 表A4.8b 仕事における情報処理スキルの使用の差(調整済み):年齢グループ別
  • 表A4.9a 仕事における汎用スキルの使用:年齢グループ別
  • 表A4.9b 仕事における汎用スキルの使用の差(調整済み):年齢グループ別
  • 表A4.10 職場及び仕事外におけるICT(パソコン)使用状況
  • 表A4.11a 仕事における情報処理スキルの平均使用:学歴別
  • 表A4.11b 仕事における情報処理の使用の差(調整済み):学歴別
  • 表A4.12a 仕事における汎用スキルの平均使用:学歴別
  • 表A4.12b 仕事における汎用スキルの使用の差(調整済み):学歴別
  • 表A4.13 高等教育の賃金格差と仕事におけるスキルの使用ギャップ
  • 表A4.14.a 仕事における情報処理スキルの平均使用:雇用形態別
  • 表A4.14b 仕事における情報処理スキルの使用の差(調整済み):雇用形態別
  • 表A4.15a 仕事における汎用的スキルの平均使用:雇用形態別
  • 表A4.15b 仕事における汎用的スキルの使用の差(調整済み):雇用形態別
  • 表A4.16 仕事におけるスキルの使用と賃金格差:雇用形態別
  • 表A4.17 仕事における情報処理スキルの平均使用:職業別
  • 表A4.18 仕事における汎用的スキルの平均使用:職業別
  • 表A4.19 仕事における情報処理スキルの平均使用:産業別
  • 表A4.20 仕事における汎用的スキルの平均使用の差:産業別
  • 表A4.21 仕事における情報処理スキルの平均使用:就業先の規模別
  • 表A4.22 仕事における汎用的スキルの平均使用:就業先の規模別
  • 表A4.23 習熟度別スキル使用の分布
  • 表A4.24 高等教育を必要とする仕事に就く就業者と初等教育で十分な仕事に就く就業者の割合
  • 表A4.25 就業者における学歴ミスマッチとスキル・ミスマッチの割合
  • 表A4.26 学歴ミスマッチとスキル・ミスマッチの重複
  • 表A4.27 (L) 学歴、性別、年齢及び外国生まれか否かを調整済みの読解力の平均スコア:学歴ミスマッチ別
  • 表A4.27 (N) (web only) 学歴、性別、年齢及び外国生まれか否かを調整済みの読解力の平均スコア:学歴ミスマッチ別
  • 表A4.28 オーバー・クオリフィケーションになる傾向:社会人口学と職業特性別
  • 表A4.29 アンダー・クオリフィケーションとオーバー・スキルになる傾向:年齢グループ別
  • 表A4.30 読解力と数的思考力の習熟度を調整済みの情報処理スキルの平均使用:学歴ミスマッチ別
  • 表A4.31 読解力と数的思考力の習熟度を調整済みの情報処理スキルの平均使用:スキル・ミスマッチ別
  • 表A4.32a 学歴ミスマッチ及びスキル・ミスマッチの賃金に対する効果
  • 表A4.32b 数的思考力ミスマッチの賃金に対する効果
  • 表A4.32c 学歴ミスマッチの賃金に対する効果

第5章

EXCEL/1.15MB)
  • 図5.1 (L) 使用頻度に基づく読解力の習熟度の差の統合
  • 図5.2a スキル習熟度と年齢の関係
  • 図5.2b (L) 読解力の習熟度と年齢の関係(調整済み)
  • 図5.2c (L) 読解力の習熟度と年齢の関係(調整済み)
  • 図5.3 (L) 読解力平均得点と学歴の相関:後期中等教育未修了者
  • 図5.4a (L) 特定の年齢グループに所属していることの読解力への影響
  • 図5.4b (L) 読解力の習熟度に与える加齢の影響
  • 図5.5a (L) 若年層の読解力の得点:後期中等教育修了者と後期中等教育未修了者
  • 図5.5b (L) 成人の読解力の得点:後期中等教育修了者と後期中等教育未修了者
  • 図5.5c (L) 若年層の読解力の習熟度:教育の種類別
  • 図5.5d (L) 高等教育以上の学歴をもつ成人(16〜29歳)の読解力習熟度
  • 図5.5e (L) 特定の国における若年層の読解力の習熟度:学歴別
  • 図5.5f (L) 高等教育修了者の習熟度
  • 図5.6a (L) PIAACとPISA(2000年、2003年)の読解力の平均習熟度
  • 図5.6a (N) PIAACとPISA(2000年、2003年)の読解力の平均習熟度
  • 図5.6b (L) PIAACとPISA(2006年、2009年)の数的思考力の平均習熟度
  • 図5.6b (N) PIAACとPISA(2006年、2009年)の数的思考力の平均習熟度
  • 図5.7 (L) 成人教育・訓練参加率:読解力の習熟度レベル別
  • 図5.8 (L) 成人教育・訓練への参加の傾向:読解力の習熟度レベル別
  • 図5.9 (L) 成人教育・訓練参加率と読解力の得点の相関
  • 図5.10 仕事における読解力の使用頻度と読解力の得点
  • 図5.11 仕事における数的思考力の使用頻度と数的思考力の得点
  • 図5.12 仕事におけるICTスキルの使用頻度と読解力の得点
  • 図5.13 (L) 読解力の平均習熟度からみた国レベルの職業構造
  • 図5.14 仕事外での読解力の使用頻度と読解力の得点
  • 図5.15 仕事外での数的思考力の使用頻度と数的思考力の得点
  • 図5.16 仕事外でのICTスキルの使用頻度と読解力の得点
EXCEL/632KB)
  • 表A5.1 (L) 比較カテゴリー間の読解力の得点差:社会人口学的特性別と使用頻度に関する因数別(調整済み)
  • 表A5.1 (N) 比較カテゴリー間の数的思考力の得点差:社会人口学的特性別と使用頻度に関する因数別(調整済み)
  • 表A5.2 (L) 年齢と読解力の習熟度の関係
  • 表A5.2 (N) 年齢と数的思考力の習熟度の関係
  • 表A5.2 (P) 年齢とITを活用した問題解決能力の習熟度の関係
  • 表A5.3 (L) 読解力の習熟度得点の分布と後期中等教育修了以上の成人の割合
  • 表A5.3 (N) 数的思考力の習熟度得点の分布と後期中等教育修了以上の成人の割合
  • 表A5.4 (L) 年齢と読解力の習熟度の関係:1994-1998 (IALS)
  • 表A5.5a (L) 年齢グループ別にみた読解力の得点:学歴別
  • 表A5.5a (N) 年齢グループ別にみた数的思考力の得点:学歴別
  • 表A5.5b (L) 年齢グループ別にみた読解力の得点:教育課程別
  • 表A5.5b (N) 年齢グループ別にみた数的思考力の得点:教育過程別
  • 表A5.6 (L) PISA(2000年〜2009年)とPIAAC(2012年)の読解力の平均得点:対応するコホート別
  • 表A5.6 (N) PISA(2000年〜2009年)とPIAAC(2012年)の数的思考力の平均得点:対応するコホート別
  • 表A5.7 (L) 読解力の習熟度レベル別にみた成人教育・訓練参加率
  • 表A5.7 (N) 数的思考力の習熟度レベル別にみた成人教育・訓練参加率
  • 表A5.7 (P) ITを使用した問題解決能力の習熟度レベル別にみた成人教育・訓練参加率
  • 表A5.8 (L) 調査から一年の間に成人教育・訓練に参加している傾向:読解力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A5.8 (N) 調査から一年の間に成人教育・訓練に参加している傾向:数的思考力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A5.8 (P) 調査から一年の間に成人教育・訓練に参加している傾向:ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A5.9 (L) 読解力の得点分布と調査から一年の間の成人教育・訓練の参加率
  • 表A5.9 (N) 数的思考力の得点分布と調査から一年の間の成人教育・訓練の参加率
  • 表A5.10 仕事における読解力の使用頻度と読解力の得点
  • 表A5.11 仕事における数的思考力の使用頻度と数的思考力の得点
  • 表A5.12 仕事におけるICTスキルの使用頻度と読解力の得点
  • 表A5.13 (L) 読解力の得点分布と過去5年間に非常に高度な職業に就いていた成人の割合
  • 表A5.13 (N) 読解力の得点分布と過去5年間に非常に高度な職業に就いていた成人の割合
  • 表A5.14 仕事外での読解力の使用頻度と読解力の得点
  • 表A5.15 仕事外での数的思考力の使用頻度と数的思考力の得点
  • 表A5.16 仕事外でのICTスキルの使用頻度と読解力の得点

第6章

EXCEL/895KB)
  • 図6.1 就業者の習熟度
  • 図6.2 (L) 就業状態別の読解力平均得点
  • 図6.3 (L) 就業者の読解力習熟度
  • 図6.4 (L) 読解力レベル別の賃金
  • 図6.5 (L) 教育年数、読解力および数的思考力習熟度が労働市場への参加に与える効果
  • 図6.6 (L) 教育年数、読解力および数的思考力習熟度が就業に与える効果
  • 図6.7 (L) 教育年数、読解力及び数的思考力習熟度が賃金に与える効果
  • 図6.8 (L) 学歴別にみた読解力習熟度が賃金に与える効果
  • 図6.9 (L) 読解力習熟度の低さと社会的アウトカムの低さ
  • 図6.10 (L) 読解力の習熟度レベル別に見た他人への信頼が低くなる傾向
  • 図6.11 (L) 読解力の習熟度レベル別にみたボランティア活動に参加する傾向
  • 図6.12 (L) 読解力の習熟度レベル別にみた政治的効用感が低くなる傾向
  • 図6.13 (L) 読解力の習熟度レベル別にみた不健康を訴える傾向
  • 図6.14a (L) 学歴及び読解力の習熟度グループ別にみた望ましい社会的アウトカムを実現する確率
  • 図6.14b (L) 学歴及び読解力の習熟度グループ別にみた望ましい社会的アウトカムを実現する確率
  • 図6.14c (L) 学歴及び読解力の習熟度グループ別にみた望ましい社会的アウトカムを実現する確率
  • 図6.15 (N) 1人当たりの国内総生産と数的思考力
  • 図6.16 (L) 収入と読解力の分布の不均衡
EXCEL/555KB)
  
  • 表A6.1 (L) 就業者の読解力の習熟度分布(割合)
  • 表A6.1 (N) 就業者の数的思考力の習熟度分布(割合)
  • 表A6.1 (P) 就業者のITを活用した問題解決能力の習熟度分布(割合)
  • 表A6.2 (L) 就業状態別の読解力平均得点
  • 表A6.2 (N) 就業状態別の数的思考力平均得点
  • 表A6.3 (L) 読解力の習熟度レベル別の就業状態
  • 表A6.3 (N) 数的思考力の習熟度レベル別の就業状態
  • 表A6.3 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別の就業状態
  • 表A6.4 (L) 読解力レベル別の賃金ボーナスを含む1時間当たり賃金(米ドル購買力平価換算)
  • 表A6.4 (N) 数的思考力レベル別の賃金分布ボーナスを含む1時間当たり賃金(米ドル購買力平価換算)
  • 表A6.4 (P) ITを活用した問題解決能力レベル別の賃金分布ボーナスを含む1時間当たり賃金(米ドル購買力平価換算)
  • 表A6.5 (L) 教育年数及び読解力習熟度が労働市場への参加に与える効果
  • 表A6.5 (N) 教育年数及び数的思考力習熟度が労働市場への参加に与える効果
  • 表A6.6 (L) 教育年数及び読解力習熟度が就業に与える効果
  • 表A6.6 (N) 教育年数及び数的思考力習熟度が就業に与える効果
  • 表A6.7 (L) 教育年数及び読解力習熟度が賃金に与える効果
  • 表A6.7 (N) 教育年数及び数的思考力習熟度が賃金に与える効果
  • 表A6.8 (L) 学歴別にみた読解力習熟度が賃金に与える効果
  • 表A6.8 (N) 学歴別にみた数的思考力習熟度が賃金に与える効果
  • 表A6.9 (L) 読解力の習熟度がレベル1以下の成人が、他人への信頼の低さ、ボランティア活動への不参加、政治的効用感の低さ、健康不良を回答する傾向を示すオッズ比(調整済み)
  • 表A6.9 (N) 数的思考力の習熟度がレベル1以下の成人が、他人への信頼の低さ、ボランティア活動への不参加、政治的効用感の低さ、健康不良を回答する傾向を示すオッズ比(調整済み)
  • 表A6.9 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度がレベル1以下の成人が、他人への信頼の低さ、ボランティア活動への不参加、政治的効用感の低さ、健康不良を回答する傾向を示すオッズ比(調整済み)
  • 表A6.10 (L) 読解力の習熟度レベル別にみた他人への信頼が低くなる傾向
  • 表A6.10 (N) 数的思考力の習熟度レベル別にみた他人への信頼が低くなる傾向
  • 表A6.10 (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別にみた他人への信頼が低くなる傾向
  • 表A6.11a (L) 読解力の習熟度レベル別にみたボランティア活動に参加する傾向
  • 表A6.11a (N) 数的思考力の習熟度レベル別にみたボランティア活動に参加する傾向
  • 表A6.11a (P) ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別にみたボランティア活動に参加する傾向
  • 表A6.11b (L) ボランティア活動に参加しない傾向:読解力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.11b (N) ボランティア活動に参加しない傾向:数的思考力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.11b (P) ボランティア活動に参加しない傾向:ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.12 (L) 政治的効用感が低いと回答する傾向:読解力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.12 (N) 政治的効用感が低いと回答する傾向:数的思考力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.12 (P) 政治的効用感が低いと回答する傾向:ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.13 (L) 健康不良と回答する傾向:読解力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.13 (N) 健康不良と回答する傾向:数的思考力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.13 (P) 健康不良と回答する傾向:ITを活用した問題解決能力の習熟度レベル別(調整済み)
  • 表A6.14 (L) 望ましい社会的アウトカムを実現する傾向:学歴と読解力の習熟度別(周辺確率を調整済み)
  • 表A6.14 (N) 望ましい社会的アウトカムを実現する傾向:学歴と数的思考力の習熟度別(周辺確率を調整済み)
  • 表A6.14 (P) 望ましい社会的アウトカムを実現する傾向:学歴とITを活用した問題解決能力の習熟度別(周辺確率を調整済み)
  • 表A6.15 (L) 1人当たり国内総生産(2011年)と読解力でレベル2以下またはレベル4以上の得点を収めた成人の割合
  • 表A6.15 (N) 1人当たり国内総生産(2011年)と数的思考力でレベル2以下またはレベル4以上の得点を収めた成人の割合
  • 表A6.15 (P) 1人当たり国内総生産(2011年)とITを活用した問題解決能力でレベル2以下またはレベル4以上の得点を収めた成人の割合
  • 表A6.16 (L) 収入と読解力の分布の不均衡
  • 表A6.16 (N) 収入と数的思考力の分布の不均衡